« BS放送と野球 | トップページ | ギザギザのある10円玉と発行年 »

テレビアンテナの今後

我が家ではテレビアンテナがVHF用・UHF用・BS用パラボラ・CS用パラボラと4種類も設置していることがわかった。

UHF用アンテナはローカル放送を受信するために千葉市方向にある。でも、いままでにローカル放送など見たことがない。

日本のテレビ放送も政府の後押しがあって、地上放送もデジタル化する。と言うか、もうデジタル放送を行っているようだが電波の出力が小さく、千葉県まで届いていなかった。

今月から出力が増幅されて、千葉県まで電波が届くようになる。

そうすると、いままで使用していなかったUHF用アンテナの活躍となる。実は地上デジタル放送の周波数は今までの地上放送の周波数よりも高く、UHF用アンテナで受信するようになる。

自宅周辺のテレビアンテナをよく見ると、VHF用(大きい方)とUHF用(小さい方)が同じポールの設置されているが、方角が約90度の角度をもってアンテナの方向が違うのだ。

VHF用は東京タワー方向に、UHF用は先ほど言ったように千葉市方向に!

地上デジタル放送を受信するためには、UHF用アンテナを東京タワー方向に向けなければならない。

だから、今後はUHF用アンテナが東京タワー方向に向くようになり、当然設置数も増える。今までの地上アナログ放送は2011年7月で終了になるからだ。

そして、当然VHF用アンテナはUHF用とは逆に少なくなる。

ある家では真新しいUHF用アンテナだけがポールに設置され、その方向は東京タワーであった。これがこれからの地上放送を受信する究極のスタイルだ!

でも、中には利用されなくなった古いVHF用アンテナが地上に降ろされないで放置されている風景も残るかもしれない。

我が家はいつUHF用アンテナを東京タワーの向けることができるでしょうか!? いつ我が家のテレビアンテナが3種類になるのでしょうか!?

|

« BS放送と野球 | トップページ | ギザギザのある10円玉と発行年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/1459767

この記事へのトラックバック一覧です: テレビアンテナの今後:

« BS放送と野球 | トップページ | ギザギザのある10円玉と発行年 »