« 日本初サッカー専門新聞 | トップページ | 引っ張る力 »

横浜F・マリノス×浦和レッズ戦

横浜F・マリノスはアウェイで浦和戦、頂上決戦!

情報では、当日券完売の中、横浜と浦和のサポーターの境は警備員が警戒しているとか。

横浜F・マリノスは浦和のFWエメルソンを徹底マークして、決定打を与えていない。

横浜F・マリノスのMF河合は元浦和所属ということもあって、気合十分。

互いのプレスが強く、前半からイエローカード続出!

結局、前半は浦和は決定的なシュートなく、横浜は押されながらもDFの対応良く、攻撃はチャンスがあったもののゴールなし。

後半の岡田采配はどうなる?

後半開始。選手交代ない。

横浜F・マリノスは、DFの裏を狙えの岡田監督の指示に対する動きがある。

後半20分台から両者ともに、前半のような動きがなくなる。両者拮抗。

38分FW坂田からFW山崎に交代。

テレビ解説者「両者譲らず」と、その状況続きロスタイムへ。

試合終了!0-0

このまま、浦和が第2ステージで優勝した場合、チャンピオンシップで闘うことになる。

見応えのある試合だったが、前半にあった横浜F・マリノスのゴールを逃したのが悔やまれる。

|

« 日本初サッカー専門新聞 | トップページ | 引っ張る力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/1702512

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜F・マリノス×浦和レッズ戦:

» J1 2nd Stage 第9節 浦和レッドダイヤモンズ vs 横浜Fマリノス 埼玉スタジアム2002 [Down by law]
セカンドステージの優勝を占う一戦。 Jリーグでは一つ抜けた緊迫感のある1対1が各所で繰り広げられていた。 この日出場出来た選手だけを見るとコンディションも含... [続きを読む]

受信: 2004/10/17 23:39

« 日本初サッカー専門新聞 | トップページ | 引っ張る力 »