« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

横浜F・マリノス×東京ヴェルディ戦

アウェイの味の素スタジアムでヴェルディ戦。第2ステージの最終戦だ。
横浜F・マリノスはチャンピオン・シップを意識した布陣か。FWは坂田と清水。

前半から、横浜F・マリノスは相手DFの裏を狙うパスを出すがシュートまで行かない。左サイドのMFドゥトラは、相手陣内に攻め上がりゴールに向けてパスするがいい形にならない。

前半30分過ぎたが、横浜F・マリノスのシュートがない。
前半42分、FW坂田が角度がない左からの前半初めてのシュートをするが、相手GKが阻止。
前半43分、足の怪我でMF遠藤からMF上野に交代。
前半ロスタイム1分、そのまま前半終了。0-0

横浜F・マリノスはシュートが1本、遠藤の怪我はチャンピオン・シップに影響があるのだろうか?
後半の選手交代はない。岡田監督談、選手が力み過ぎているという。

横浜F・マリノスは前半も目に付いたが、中盤のパスワークが繋がらない。
後半16分、横浜F・マリノスはMF中西からMF河合に交代。
後半30分台に入ったが、互いに集中して決定打なし。
後半35分、FW清水からFW山崎に交代。
後半36分、ベルディのウベダ2枚目のイエローカードで退場。
後半40分に入り横浜F・マリノスは積極的にボールを前に出すが、決定打なし。
後半ロスタイム2分。そのまま試合終了。0-0

さあ、次はチャンピオン・シップ!

今日は、横浜F・マリノスはパスに精細がない。また、怪我で出場が厳しい主力選手・・・等々、集中力でチャンピオン・シップをがんばってほしい。

強力なサポーターである我が家族も第1戦の横浜国際競技場に応援に行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドームの巨人戦観客数

読売ジャイアンツの球団社長が、「来期から東京ドームで行われる巨人戦の観客動員数を実数に近い形で発表するよう検討している」と言う。

最初、この話を聞いてどういうことなのかわからなかった。

東京ドームが開場以来、特に近年空席が目立つにもかかわらず5万5千人と発表し、巨人戦の満員御礼が続いているという。

今季も主催の62試合すべて同じ観客数だったそうだ。

でも、球団社長は「今までの発表は不誠実で、一時的に観客数が減るかもしれないが・・・・」と続けている。

はっきり言ってこれは、観客動員数をいい加減に発表していたことではないか!

私はこれを聞いて、読売ジャイアンツも”ブランドに負けた”と思った。

昔の栄光があまりにも大きいために、それを理由に観客動員数を実数に合わせることができなくなった。

”ブランドに負けた”企業は、雪印や三菱自動車など創業50年以上の老舗が多い。

読売ジャイアンツの球団社長の会見はブランドを強く意識した言い方で、もっと平たく「間違った発表だった。来季から改める」と言い切ってしまえばいいのにと思う。

でも、親会社の目もありできないのでしょうか?何か変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨン様CM効果抜群

韓国の人気俳優ぺ・ヨンジュンが久しぶりに来日した。

宿泊するホテルに殺到した熱狂の40~50歳台女性が将棋倒しになり、10人近くが病院に運ばれたらしい。

そんな新聞の社会面を読んでいると、その下にヨン様をCMに採用した商品の売上が大幅に伸びているという小さな記事があった。

売上低迷していた商品にヨン様の宣伝に替えたら前年を上回る売上が伸びている。また、ある菓子類の商品を入れる箱にヨン様の写真を印刷したところ箱ごと購入する主婦が続出しているという。いずれも前年比30~50%売上の伸びらしい。

なぜだろうと考えた結果、熱狂ファンの年齢と性別を見てわかった。

40~50歳台女性がキーワードだ。

家庭の家計を預かる、もっと平たく言うと財布を握っているいわゆる主婦だ。

わが女房はヨン様には全く興味がないが、あるサッカー選手には対して同じような傾向がある。

箱ごと買ったお菓子のその後は・・・・・? 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万華鏡

先日小江戸川越に行った際、女房は万華鏡を買っていた。

万華鏡と言えば、筒の中に3枚の鏡を三角に入れ、色の付いた紙を挿入して片方から眺める。

筒を回すと摩訶不思議な映像が映し出される。

しかし、今回女房が買った万華鏡はちょっと構造が違う。

鏡は筒に3枚入っているが、筒の先には今まで見た万華鏡にないものがある。

それは、試験管(懐かしいですね!)を細くしたようなものにオイルが充填されて、その中に青色や黄色の細かい粒や赤色・金色・桃色など光をよく反射する小片が一緒に入っているのだ。

試験管のようなものは、筒先に交わるようにはめ込まれている。(こんな言い方で想像できるだろうか?)

この万華鏡を見ると、今まで見たことがない万華鏡の世界に引き込まれる。

オイルが入っているために、色の変化がゆっくり、またいろんな粒や反射する小片が入っているので、日本古来の万華鏡と違い、飽きることがない。

まさに1万種類の華を見る鏡だ。

女房はこの万華鏡をひとりお気に入りで、いつまでも眺め綺麗だの連発!

これからの万華鏡は、このオイル式が流行しそうな感じがする。

ケース箱にはMADE IN TAIWANとあった。

小江戸川越で台湾製の万華鏡を買ってきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松健サンバ紅白初出場

松健サンバはNHK紅白歌合戦に初出場が決まった。

実際は、松平健の出場が決まったことなのだが、新聞では「初出場で目に引くのは松健サンバだ」と書いてあり、松平健とは書いていない。

でも、さすがに出場歌手一覧には松平健と書いてある。

ところで今年は松健サンバがブームになっているが、女房には共演している元宝塚スターの友達がいて、3年程前すでに松平健の舞台でこの踊りを見ていたのだ。

松健サンバは今に始まったわけではなく、数年前から中高年のおばさま方が徐々に盛り上げてきたのではないだろうか!

だから、女房から見れば10月の松平健の公演は3年ぶりだったのだ。

さて、今年の大晦日のNHK紅白歌合戦、松健サンバの衣装はどのようになるのでしょうか?

衣装の派手さで毎年競っている美川憲一と小林幸子も当然出場を決定しているが、松健サンバの衣装、もとい松平健の衣装が派手さに一石を投じるかもしれません。

松健サンバ
松健サンバ振り付けマニュアルDVD

トラックバック先:松健サンバでGo!「マツケンサンバ2」が着うた・着モーションに

| | コメント (0) | トラックバック (1)

横浜F・マリノス×アルビレックス新潟戦 

横浜F・マリノスは、横浜総合競技場で新潟を向かえ撃つ。

横浜F・マリノスは、左サイドに4節ぶりのMFドゥトラが試合に出ている。FWは安永と山崎の2人。

新潟は、下がり気味の布陣。

前半17分、新潟はGK榎本と1対1となっりシュートしたが枠に当たり得点ならず。

前半24分、新潟の山口がミドルシュートで枠中央にゴール。0-1

前半30分過ぎ、横浜F・マリノスは連続してコーナーキックがあったが決定打なし。

前半39分、横浜F・マリノスは相手方枠に迫るいい形になるがGKセーブや枠に当たるなどゴールなし。

岡田監督は、ベンチから指示などなく様子を見ている。

前半のロスタイム1分。そのまま前半終了。0-1

後半スタート時の選手交代は両チームなし。

岡田監督は後半に向けて、カウンターを受けないことと、相手DFの裏を狙うことと。

後半15分、横浜F・マリノスMF大橋がペナルティエリアで倒されPKに。しかし、FW安永はキックしたが相手GKに阻まれゴールならず。

後半20分、横浜F・マリノスFW安永からFW坂田に交代。新潟は寺川に交代。

後半22分、横浜F・マリノスMF上野アシストでFW坂田がヘディングで枠右下にゴール。1-1

後半20分台、横浜F・マリノスDF松田がボールカットでチャンスを作る。

後半27分、横浜F・マリノスMF佐藤からMF遠藤に交代。

ユ・サンチョルが怪我で試合を観戦している。

後半29分、新潟鈴木が左から角度のないシュートでゴール。1-2

横浜F・マリノスは、いくつかチャンスがあるが決定打なし。

後半37分、横浜F・マリノスMF山崎からMF清水に交代。

DF松田が前線に上がり攻撃はじめる。

後半ロスタイム3分。

DF松田の攻撃があるが相手DFに阻止される。DF中澤のヘディングもあったがGKに阻まれる。

横浜F・マリノスは得点なく、試合終了。1-2

横浜F・マリノスはチャンピオンシップを意識して前半攻撃陣を温存したが、後半PKなどチャンスはあったものの結局敗退してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウルの動く城

宮崎駿監督のアニメ映画”ハウルの動く城”が20日から一般公開された。

昨日までの2日間で観客動員110万人、興行収入14億8千万円という。(東宝発表)

すごい数字でピンとしないけども、前作の”千と千尋の神隠し”の1.4倍だそうで、さらに驚いてしまう。

私が見ている最近のアニメ映画は、ほとんどが宮崎駿監督の作品ばかりだ。

いまだに、トトロの映像とテーマソングはすぐに思い出せる。

「トットロ トットーロ」で始まるテーマソングと「歩こう 歩こう」で始まるサブテーマソングはやさしく口ずさんでしまう。

宮崎駿監督のアニメ映画は子供もおとなも楽しめる映画だから、日本のみならず世界中で受け入れられている。

私も大人気の”ハウルの動く城”も観に行きましょう!

トラックバック先:ハウルの動く城は、速かった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ドラえもんの声、交代

ドラえもんの声が来年春に交代するそうだ。

ドラえもんは朝日系列で四半世紀間放送しているらしい。

ドラえもんだけでなく、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫の主要メンバーも替わるらしい。

その理由は、声優の年齢が60歳を超えたからという。

後任は人選中らしいが、大山のぶ代さんの独特の声のキャラクターを持つ声優がいるのだろうか?

子供は、人気まんがの声優が替わると何だか変な声だなと敏感に感じ取る。

私は、子供心にそんな記憶が残っている。

声優に定年があるとは思わなかった。

トラックバック先:助けて~ドラえも~ん!
トラックバック先:ドラえもんのメインキャストがついに交代
トラックバック先:ドラえもん、新たな未来へ
トラックバック先:ドラえもんの声決定!

関連ページ:ドラえもんの声後任決定

| | コメント (0) | トラックバック (5)

横浜F・マリノス×ガンバ大阪戦

横浜F・マリノスは、アウェイでガンバ大阪を迎え撃つ。

セカンドステージは、今日浦和レッズが勝つないしは横浜F・マリノスが勝つとステージ優勝が決まり、チャンピオンシップ戦となる。

横浜F・マリノスのアン・ジョンファンは先日の韓国代表戦で骨折して、昨日手術して当然不参加。

前半9分大阪は足を痛めフェルナンジージョから中山に交代。
前半20分まで両チームのディフェンスが集中して際どいゴールがない。
横浜F・マリノスは大阪の中盤からFW大黒へのタイミングのいいボールを渡していない。
前半40分、大阪は太ももの故障で山口から森岡に交代。
両チームは拮抗が続き前半終了した。0-0

後半、両チームの選手交代はなし。
後半11分、大阪がゴール前で際どいボールパスがあったが、ゴールを突くことができなかった。
後半16分、横浜F・マリノスはクロスボールを出したがタイミング悪くゴールにならない。
後半22分に横浜F・マリノスがFW坂田がアシストして奥が枠右下にゴール。1-0
後半28分、大阪は宮本から寺田に交代。
後半29分、横浜F・マリノスはMF大橋からMF上野に交代。
後半36分、横浜F・マリノスはFW坂田からFW山崎に交代。
後半38分、横浜F・マリノスはMF清水アシストからMF奥の枠中央を突きゴール。2-0
後半42分、大阪はペナルティーエリア近くで遠藤のFKがあったが枠外にボールが飛んだ。
後半43分、横浜F・マリノスはMF遠藤からFW安永に交代。
後半ロスタイム2分。横浜F・マリノスは大阪が攻めると全員引いて防御。

そのまま試合終了。2-0  

横浜F・マリノスは勝ったが、浦和が第2ステージの優勝が決まった。横浜F・マリノスは主力DF陣を温存させた。チャンピオンシップの優勝に向けて調整してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実践!日常ながら運動ダイエットを読んで

題名実践!日常ながら運動ダイエット。サブタイトルが50歳からの身体論。また帯には男のダイエットと記述されていたので、まさしく今の私にマッチした本としてすぐに買って読んでしまった。

私も日頃何かにつけて「ながら」を実践している人間なので、「日常ながら」の言葉に共感を覚える。

序章には52歳になった著者が「若く見えるね」と言われることが楽しみと書いてある。

私も50歳台になり、若く見えるねと言われて楽しく思った事はないが、この先そういうことになるのかなと思った。

著者は、特別な時間を作るのではなく空いた時間を使って無理なくいつもストレッチをしようと呼びかけている。

自ら著者がモデルになって、昼間のサラリーマン男性の通勤や仕事場を設定したストレッチを紹介している。

こんなストレッチだから私でもできると確信した。

それから、著者が強烈な出会いとなった貝原益軒の養生訓という本の紹介があった。

人生楽しく過ごすこと。健康維持も楽しくするなど、養生訓に対する著者の記述を読む限り私の考え方に共通するものがあり、次回の本の購入の1つとしたい。

最後に、大半をストレッチのことにページを割いているが、著者はあえてダイエットのための食事量を減らす事は推奨していないが、やはり過食しないことも大事であることを加えている。

私も、日常ながら運動ダイエットをまず習慣化する。

実践!日常ながら運動ダイエット―50歳からの身体論
長野 茂

おすすめ平均 
すばらしい!!!
納得!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日常ながら運動ダイエット―時間も場所もお金もいらない
長野 茂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓―全現代語訳
貝原 益軒

講談社
1982-10
売り上げランキング 68,524
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓に学ぶ
立川 昭二

PHP研究所
2000-12
売り上げランキング 85,819
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓・和俗童子訓
貝原 益軒


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログとサクサク作成君

ココログを始めて、半年が経った。

始めは勝手がわからず、何気なしに記事を書いていたが、最近は松健サンバをきっかけに1日に300を超えるVisiterが訪れてくれる。さらに記事を書くことに張り合いを感じている毎日だ。

ところで私は、niftyのサクサク作成君でホームページを立ち上げておもにアマチュア無線のことを掲載している。

しかし、ココログに夢中になってしまい、サクサク作成君のホームページを手直しすることに間が空いてしまい、サイト内リンクがリンクされてないなど見ていただく方にご迷惑を掛けてしまった。

ふと修正している間に、サクサク作成君のホームページとココログでは大きく違うことに気が付いた。

それは、ココログは検索エンジンに検索されやすいが、サクサク作成君はほとんど言っていいほど検索エンジンに検索されにくいホームページということだ。

googleやyahooなどの検索エンジンにはココログの方が圧倒的に検索されている。

しかし、サクサク作成君の方はやっとココログにリンクされて検索された格好になっている。

ホームページのスタイルの自由度も、圧倒的にココログの方が優れている。

ココログでは参考書で時計を貼ってみたり、広告を貼り付けてみたりとリンクできるものは全てできる。

ホームページを作る側としては、発展性があっておもしろい。

ココログだけでなく、いわゆるウェブログがブームになることもうなづける。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

産地表示

産地表示について、あるスーパーマーケット内の食品について投稿したことがあった。

JAS日本農林規格の変更で国内の食品の産地表示が厳格化されて、いろんな食品の産地表示についての新聞記事が多くなってきた。

牛肉事件。外国産牛肉を国産牛肉で販売したことは記憶にあたらしい。

実際に、魚1つにしても野菜1つにしても産地が刻み込まれているわけでないので、消費者は流通段階や消費者に直接販売するスーパーマーケットを信頼するしかない。

産地表示をきちっと表示すること。これは裏を返せば大変なことをことだと思う。

産地表示で事件になったことはまだまだ氷山の一角だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッピング・バス

ラッピング・バスという言葉をご存知でしょうか?

最近ではよく見る、バスの車体全面に広告を貼り付けて走るバスのこと。

昨日、インターネットで調べるまでこの言葉は知らなかった。

記憶で行くと、この付近では都営バスが初めてラッピング・バスを走らせたのではなかったか。

東京都交通局のホームページを見ると、平成12年に条例を改正して車体の広告面積を拡大させたことからラッピング・バスを走らせることになったという。

その裏には確か、都営バスの赤字解消ではなかったかと思う。

ラッピング・バスは昔のような広告を貼り付けた広告盤を車体に取り付けることではなく、バスの車体に広告フィルムを貼り付ける方法だ。

だから、見る側には実にインパクトがある。

今では、ラッピング・バスは当たり前になった。そして、他の私鉄バスにも広がっている。

また、最近ではJR東日本の山手線でも同じような広告があり、こちらはラッピング・トレインという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料アクセス解析

無料アクセス解析を8月からI製を使用していたが、今月からN製に替えた。

その理由はN製のものがウェブログ用にできているためだ。

N製は、解析用のプログラムをウェブログのページごとに貼り付け、ページごとに解析ができる。

今になっては分からないが、I製もできたのかもしれない。しかし、ページごとにプログラムを貼り付けることはなかった。

アクセス解析は、どこの検索エンジンから訪問したのか、どんなキーワードで訪問したのか、リンク元のアドレスまでわかる。これはほんの一例だ。

これらを日々、週間や月間で、かつ件数と比率で表示されるという優れものだ。

アクセス解析で、今日驚いた事があった。

上の解析項目のほかに「国・言語」があり、当然日本語が100%であると思っていた。

今日の訪問者の中に、何とドイツ語が1件含まれていた。

さらに、1週間前にさかのぼり、「国・言語」で解析したら、英語・ポーランド語まであった。

アクセス解析は、今までに経験した事がないことを教えてくれる。

そして、これからも新しい発見があるかもしれない。

しかし、このアクセス解析が何と無料で設置することができる。

これも驚きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話の操作

携帯電話は通話に使うことなく、メールを打ち込んでほとんどの連絡を取り合っている。

携帯電話の普及は、世の中見る限り持っていない人が少ないのではないか。

ところで、携帯電話を操作する時、私は携帯電話を右手の持って右手の親指でキーボードを押している。

それが普通であると思っていた。

家族の状況を見たら、女房は携帯電話を左手で持って左手の親指で操作していることに気が付いた。

子供は全て私と同じであった。

私が女房と同じように携帯電話を操作すると、メール文を早く打つことができない。

女房は特殊なのかと思いながら、通勤途中の電車内で操作する手がどちらかを確認した。

そうしたら、結構女房型がいるではないか!

具体的に数えたわけではないが、大まかに1:3の割合で右手の操作型が多いようだ。

携帯電話の操作は、誰かに教わることなく自然に右手・左手のどちらかを使い始めている。

それは、アヒルが最初に見たものを親鳥と認識するのと同じように、携帯電話の操作する手も最初に手にした方をそのまま操作する手になるのでしょうか?

我が家も1:3の割合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島鉄道

鹿島鉄道に初めて乗った。

鹿島鉄道は息子がブラックバス釣りをよくした霞ヶ浦の東側を南北に走る鉄道だ。

今日は、石岡駅から玉造町駅までの乗車だった。

大都市の鉄道と違うローカル線のために、目に入ったことをそのまま記述したい。

車両はディーゼル車の1両のみ。ディーゼル車はトラックのようなエンジン音が聞こえる。

線路は単線。レールが短いためか、つなぎ目を通った時の車輪の音が「ガタンガタン」と短い。

2つの音が相まって独特の雰囲気を作っている。

車内は運転手だけのワンマンカー。そのために運転席の脇にはバスと同じような整理券と両替機が設置されている。

無人駅も多くあり、運転手は運転とドアの開閉と料金徴収などと忙しい。

石岡駅を出て2つ目の駅までの沿線では真新しい家が目立ったが、それ以降は住農混在の風景となり、また大きな工場があるわけでなく観光地がない中、乗客数が限られているのではないか?

案の定、鹿島鉄道対策協議会やらを立ち上げて鹿島鉄道の存亡を掛けて約3年前から話し合いをしているらしい。

車内の広告が鹿島鉄道のものばかりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくばエクスプレス試験走行

つくばエクスプレスが今月1日から試験走行を始めるという新聞記事を見た。

つくばエクスプレスの線路が見える常磐線で通勤しているが、電車が走行している事実を知ることはなかった。

でも、試験走行している証拠を見つけた。

今月1日以降、線路をよく見ていたら、電車の車輪が接触するレールの上の部分が光っているではないですか!

これこそ、電車が走っている証拠。

しかし、まだ見ぬ車両。つくばエクスプレスというくらいだからかっこいい車両だろう!?

私は、決して電車マニアではないが何となくワクワクしてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED式信号機

交差点にある信号機にLEDを使用したLED式信号機を目にするようになった。

LEDとは、発光ダイオードの略称らしいが、詳しいことはわからない。

LED式信号機を良く見ると、細かい発光物が放射状に並び、赤、黄、青のそれぞれの光源を作っている。

今までの電球式信号機を見ると、光源の真ん中に丸い電球が光っているのが判る。

我が家付近ではLED式信号機より電球式信号機が圧倒的に多いが、東京都内ではちらほら見かけるようになった。

青色LEDがなかなかできなかったが、とうとう日本人が開発したことは有名。

これで信号三原色がそろった。そんな訳で、LED式信号機が設置されるようになったかどうかは定かでないが、電球からLED。

信号機でも、世代交代が行われつつあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松健サンバ振り付けマニュアルDVD

ついに、松健サンバの踊りを覚えるためのDVDが発売された。

松平健の公演プログラムによると、この松健サンバの振り付けは元日劇ダンシングチームのトップダンサーの真島茂樹さん。

今回の新宿コマ劇場の公演にも共演している。

今年のクリスマスや忘年会や新年会、コンパなど、このDVDで練習すれば流行の最先端である松健サンバ、余興は大盛況間違いなし。

うわさによると、貸衣装もあるとやら。

松健サンバ、御試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18位レジーナが1位ユベントスに勝つ

今朝4時半頃、目が覚めてしまいパソコンを動かしていたら女房が起きてきた。

どうしたのと聞くとイタリアセリエAレッジーナ戦が始まるという。

中村俊輔の熱烈ファンの女房、試合がない限りこんなに早く起きる事がない。

今日は1位のユベントスとの対戦。これまで2失点だけの無敗チームだ。

女房はきわどいシュートやパスミスをするとまだ暗い部屋で「あっ」とか、「うそっ」とか、「俊輔がんばれ!」とか短い言葉が出てくる。

そのたびに、私はテレビ画面を見た。

前半13分レッジーナが先制ゴール。すぐさまユベントスがゴールして1-1。

前半26分フリーキックでレッジーナがゴールして、前半2-1で終了した。

私は、後半30分ごろ眠くなったので寝床に入ったが、前半の得点に変化なく2-1でレッジーナが勝利した。

レッジーナ5試合目の勝利、1位チームからの勝利だった。

「中村俊輔の調子は」と聞くと「よかったよ。引き気味だったから目立ったことはなかったけど」と女房は言っていました。

くわしい試合経過についてはこちらへどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

横浜F・マリノス×ジェフ市原戦

ホーム横浜国際競技場で市原を迎え撃つ。

両チームともに、けがで出場できない選手が多い中の試合だ。

横浜F・マリノスはけがで出場ができなかった遠藤が久しぶりに出場している。

日本代表監督ジーコが観戦している。

前半10分FWアン・ジョンファンからのキックでMF清水がボレーシュートで枠右下にゴール。1-0

前半29分MFユ・サンチョルが右太ももの違和感で交代→MF原へ(原はJリーグ初出場)

市原前半34分けがで羽生が交代→要田へ

両チーム、シュート数少なく中盤でのボールの取り合いが続く。

ロスタイム2分があったが、そのまま前半終了。1-0  前半のシュート数:横浜4-市原3


後半、市原水野→楽山選手交代。横浜な交代なし。

後半1分市原阿部のフリーキックで直接枠左下にゴール。1-1

後半14分、GK榎本が市原選手との接触で数分間試合中断。

後半の横浜、ボールキープが少なく市原攻撃の防御に終始する。

後半25分けがのMF原からFW坂田に交代。

後半36分MF遠藤のアシストからFW坂田のシュートで枠左に当たりそのままゴール。2-1

後半43分FWアン・ジョンファンに替わりFW安永に交代。後半44分市原水本から中島に交代。

後半ロスタイム3分あったが、そのまま試合終了。2-1

横浜F・マリノスは新たなけが人で、普段見る攻撃体制ができず苦しい試合運びだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京水

帰宅途中の常磐線に「東京水」という言葉で東京都水道局が宣伝していた。

その広告紙にはあのハローキティちゃんも使うなど、宣伝の力の入れようだ。

広告には、東京都民に供給している水が高度浄水処理されて安全かつおいしくなったという。

ホームページも見てみた。

当然、東京水への取り組みの紹介や節水のお願いなど、通常考えられることが掲示されていた。

しかし、イベント紹介の浄水場の見学会では、この東京水の入ったペットボトルを配布するという。

さらに、ホームページを見に来てくれた人のプレゼントとして、11種類の壁紙も用意しているというサービス。

東京都水道局の東京水への自信がみなぎっているようだ。

我が家は隣の県なので、東京水を飲むことができない。

カルキ臭い東京の水だったがどう変わったのは興味が沸く。

実家に行って試し飲みしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新札を見て

今、手元に1万円を除く5000円と1000円の新札があり、まじまじ見ている。

新札の感触は、紙というより薄いプラスチックのようだ。

また、新札は偽造されないようにいろいろと手を尽くされているようだ。

そのひとつに、5000円新札にはフォログラムというものがある。

光に当て、新札の向きを変化させると虹色の輝きながら模様が出てくる。

これは確か、ユーロ紙幣が採用していた。

先日、「新しい紙幣の影響」の題材で記事を書き、自動販売機との関係を強調した。

1000円札は野口英世、5000円札は樋口一葉の肖像画が入っている。

今回の新札の肖像画は明治時代の人々だ。新札が出たばかりでこんな事を言うもの変であるが、次回の新札の肖像は昭和時代の人がなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つり革の握り方

通勤電車には必ずつり革がある。

横たわるポールから垂れ下がる幅3CM程のベルトにプラスチック製の直径15CM程の白い輪が掛かっている。

このつり革が奇麗に並んでいる。

私は白い輪の外側を手のひらを広げて握っている。つり革の握り方など普段意識した事がなかったが、同乗している他の人たちはどうかと見渡した。

近くの男性は私と同じ握り方をしている。

隣の女性は親指を除いて他の指を白い輪の下を握っている。

その隣の人は親指と小指を除いた指で白い輪の下を握っている。

5人程向こうの人は、両手を白い輪の中に通してぶる下がっているようです。ひょっとしたら、酔っ払っているかも。

紹介した以外の握り方をいる人もいる。

多分、私も他の人も習慣付いたつり革の握り方は同じだと思うが、いろいろな握り方があるものだ。

いつもの通勤電車の光景ですが、久しぶりに車内をきょろきょろした私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ大統領選挙

日本時間の8時からアメリカ大統領選挙の開票がはじまったそうだ。

今回も前回と同じように両陣営ともに支持率が拮抗していて、開票最後まで予断を許さないようだ。

しかし、今見たニュースでちょっと驚いたことがあった。

それは、投票率だ。

ニュースによると、予想投票率が51%という。

接戦で投票率が上がると聞いていたので、この数字に唖然ととした。

アメリカの大統領選挙戦のニュースを見ていると、党大会や遊説先、討論会など多くの有権者が参加しているので、普段でも70-80%の投票率があると想像していた。

日本でも、国政選挙の投票率が毎回低くなりつつあるが、アメリカも同じだった。

でも、世界の政治・経済など多くの分野に最大の影響力のあるアメリカ大統領の選挙に、半分のアメリカ国民しか投票していないことにがっかりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康四字熟語

先日の人間ドック以来、粗食にいこうと少な目の食事を心掛けている。

今まで空腹感を味わっていなかった者として、空腹をいい事だと意識するにはどうしたらよいか考えていた。

そこで大昔から言い伝えられた四字熟語が助言をくれるのではないかと、四字熟語辞典を開いてみた。

しかし、想像するほどに、食事や健康に関する熟語は少なかった。

その中で、 「粗衣粗食」・・・・つつましやかな生活
       「食不重肉」(食肉を重ねず)・・・・質素な食事のこと
          辞書には伝統的に菜食が主流だったわが国の感覚からすれば「一汁一菜」(いちじゅういっさい)と いうところか。

残念ながら四字熟語には、これだと印象に残る言葉は見つからなかった。

こんな四字熟語をさがすこと自体、食事に対してのちょっと考えすぎなのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新しい紙幣の影響

今日、11月1日から新しい紙幣が3種類出たと言う。

私はこの新しい紙幣を見ていない。

新聞によると、4年前に出た人気のなかった2000円札以外での新札は20年ぶりだという。

ところで、20年前も自動販売機やATMなどがあったが、益々機械に頼ることが多くなった今は20年前とは比べものにならないくらいの絶対量だと思う。

新しい紙幣が出ると、紙幣の識別の機械を入れ替えなくてはならなく、自動販売機やATMなどの費用はある経済研究所の試算では7000億円弱になるという。

さらに、面白と思ったのが機械化が進んだパチンコ業界。

別の経済研究所の試算によると紙幣対応型玉貸し機やプリペイドカード機の改修費用が2000億円弱という。

何やかんやで波及効果は1兆円の費用が発生するらしい。

全部の機械の改修が終わるには1年はかかるらしい。そして、大半の紙幣が入れ替わるのは2年ほどかかるらしい。

新紙幣の普及と機械の改修のタイムラグの大きさが、自動販売機前のストレス量になるのではないかな!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »