« アメリカ大統領選挙 | トップページ | 新札を見て »

つり革の握り方

通勤電車には必ずつり革がある。

横たわるポールから垂れ下がる幅3CM程のベルトにプラスチック製の直径15CM程の白い輪が掛かっている。

このつり革が奇麗に並んでいる。

私は白い輪の外側を手のひらを広げて握っている。つり革の握り方など普段意識した事がなかったが、同乗している他の人たちはどうかと見渡した。

近くの男性は私と同じ握り方をしている。

隣の女性は親指を除いて他の指を白い輪の下を握っている。

その隣の人は親指と小指を除いた指で白い輪の下を握っている。

5人程向こうの人は、両手を白い輪の中に通してぶる下がっているようです。ひょっとしたら、酔っ払っているかも。

紹介した以外の握り方をいる人もいる。

多分、私も他の人も習慣付いたつり革の握り方は同じだと思うが、いろいろな握り方があるものだ。

いつもの通勤電車の光景ですが、久しぶりに車内をきょろきょろした私でした。

|

« アメリカ大統領選挙 | トップページ | 新札を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/1865754

この記事へのトラックバック一覧です: つり革の握り方:

« アメリカ大統領選挙 | トップページ | 新札を見て »