« つり革の握り方 | トップページ | 東京水 »

新札を見て

今、手元に1万円を除く5000円と1000円の新札があり、まじまじ見ている。

新札の感触は、紙というより薄いプラスチックのようだ。

また、新札は偽造されないようにいろいろと手を尽くされているようだ。

そのひとつに、5000円新札にはフォログラムというものがある。

光に当て、新札の向きを変化させると虹色の輝きながら模様が出てくる。

これは確か、ユーロ紙幣が採用していた。

先日、「新しい紙幣の影響」の題材で記事を書き、自動販売機との関係を強調した。

1000円札は野口英世、5000円札は樋口一葉の肖像画が入っている。

今回の新札の肖像画は明治時代の人々だ。新札が出たばかりでこんな事を言うもの変であるが、次回の新札の肖像は昭和時代の人がなるのでしょうね。

|

« つり革の握り方 | トップページ | 東京水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/1876304

この記事へのトラックバック一覧です: 新札を見て:

« つり革の握り方 | トップページ | 東京水 »