« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

こんなウェブログでも1万アクセス

先週は、仕事の疲れもあり投稿することを忘れてしまいました。

その間でも、多くの方々がこのウェブログを見に来てくれていました。

そんな中、アクセスカウンターが1万を超えていました。

こんなウェブログでも約9ヶ月でこんなにアクセス数になるのだなと、われながら関心しています。

テーマは多岐にわたり、特定のテーマはありません。気ままに書いていたからここまで飽きずに記事を書き続けることができたと思います。

トラックバックしたりされたり、コメントしたりされたりと双方向的な面もウェブログの面白さでしょうか!

中越地震の被災者の方々にウェブログを通して励ましもしました。

まだ、楽しいウェブログの使い方があるかもしれません。

多趣味な私としては、ロングランになる趣味の1つになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツケン御開運写真付き切手

とうとうマツケンが切手になってしまったようだ。

女房が近所の小さな郵便局に行ったら"マツケン御開運写真付き切手"という申し込み用紙に気が着いた。

私も郵便局に行くが、同じような申し込み用紙には産地直送のくだものとか海産物の販売が多く、よく目にしている。

今手元に”マツケン御開運写真付き切手”の申し込み用紙がある。

それによるとマツケンの特製ホルダーにマツケンを1枚ごとにデザインした80円切手10枚を1シートとして販売するものだ。

消費税送料込みで1セット3,650円という価格である。セット数が多くなると料金が割引となっている。

切手そのものの価値が800円であるが5倍近い価格である。

その価格差が開運に掛ける費用になるのだろうか!

申し込み用紙には特に開運に着いてのコメントは書いていない。

女房曰く、よっぽどマツケンファンでないと購入しないねと笑っていた。

ちなみに、申込有効期間が1月28日~2月28日までだ。

お小遣い宅急便さんのついにマツケンサンバも登場にトラックバックしました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

地震頻度

昨年から現在まで、多くの地震が勃発している。

中越地震、スマトラ島沖地震、それに1月17日の阪神・淡路大震災から10周年ということもあり、テレビや雑誌で特集をしている。

ところで、我が家では、地震が発生するとインターネットで気象庁の地震情報を見る。

このホームページには過去に遡って地震が発生した場所と震度の規模を見ることができる。

このホームページを発見して、初めて遡って地震発生を見たときの驚きを覚えている。

日本は地震大国と聞いていたが、全国で地震が1日に1回あるのかなと想像しながら見たら、考えていたことをはるかに超えて発生していることがわかった。

今日発生した地震は何回か知っていますか?確認したら地震発生は6回でした。

地震予知はいまだに完全なものはなく、こんなに地震頻度が高い日本だから地震に遭遇することは仕方がないのかもしれない。

最近の地震頻度や規模は、地震の活発な時期に入ったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話でココログを見るココモブ

今朝、最寄のJR駅のホームで電車を待っていたら女性が隣の列に並んだ。

すぐに、その女性は携帯電話を取り出して、インターネットにアクセスを始めた。

毎日の習慣なのか、それともお気に入りのホームページなのかその操作の速さから慣れているなあと感じた。

携帯電話でインターネットにアクセスする事は、世の中では当たり前になっているようだ。

しかし、私の携帯電話はインターネットにアクセスするパケット代が従量制のために、料金を気にしながらアクセスするしかない。

携帯電話のパケット代を定量制が始まったが、まだまだ月払いが高く自由なアクセスは当分お預けのようだ。

前置きが長くなったが、先ほどの女性を見ていてココログを携帯電話で見られるツールがあることを思い出した。

それは、ココモブだ。

このココモブはniftyに関係なく、リンク先のページの最下位には

当サイトは個人サイトですので、Googleともニフティとも関係ありません。
と書いてある。個人サイトのようだ。

利用方法は簡単に登録するだけで、あなたの携帯電話から好きなココログを携帯電話で最新記事10件読むことができる。

ぜひぜひ、このホームページの登録をお願いしたい。そして、暇な時に携帯電話からもアクセスして記事を見て欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津波がTSUNAMIで国際共通語に

スマトラ島沖大地震の津波。津波は、人間が考える以上の破壊力がある。

16万人以上の人々が亡くなり、まだまだ増加する様子だ。

お悔やみ申し上げたい。

ところで、津波(TSUNAMI)という言葉が国際共通語になっている。

アメリカのYahoo!でTSUNAMIを検索していたら、TSUNAMIに関する多くのサイトが検索され、Yahoo!内のニュースページには聞きなれない単語TSUNAMIが解説されている。

被災地はリゾート地であり多くの国々から観光客が訪れている事から、Yahoo!内ではTSUNAMIと題して被災情報が特集されていてRSSフィールドも公開されていた。

このRSSフィールドを使ったRSSリーダーを左サイドバーに設置した。

また、平日の通勤途中でAMラジオのAFN(Eagle 810 )を聞いているが、最近のニュースやキャスターの会話の中でTSUNAMIという単語が頻繁に出てくる。

私の記憶だと、日本の公害が社会問題化したとき公害kougaiという言葉が国際共通語になったと聞いている。

同じようにkougaiで検索すると多くのサイトが出てくる。

日本語がそのまま国際共通語になることは名誉あることだが、2つの単語は暗い。明るい話題の国際共通語はないものか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年賀はがき40億枚割れで不振

年賀はがきの販売が40億枚を割る見通しという新聞記事を見た。

日本郵政公社は、電子メール世代を取り込めなかったことが一因としている。

その他の要因として、パソコンで写真を印刷できる「光沢はがき」を1億枚発行したが2千万枚しか売れなかったという。

確かに、パソコンを使ってきれいに印刷するのはいいが、結構印刷コストがかかることが気になる。

プリンター本体は高性能な割に安く売り出されているが、インクは昔も今も値段が高くてカラー印刷にすると、1枚あたりのコストが馬鹿にならない。

でも、年賀状販売が不振と言われても40億枚弱。日本の人口が1億人程だから、1人平均40枚だ。これは結構な枚数ではないか。

ところで、電子メール世代ってどんな世代なのでしょうか、新聞記事には何も書いてなかった。

題目と関係ないが、年末に年賀状の印刷ツールであった”プリントごっこ”はどこに行ってしまったのでしょうか。これも時代の流れなのでしょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル ”食べて治す” を見て

昨夜のNHKスペシャル”食べて治す 患者を支える栄養サポートチーム(NST)”を見て残念と期待が入り混じった。

実は、昨年私と女房の父を相次いで亡くした。

それぞれ父は病院で息を引き取ったが、その状況は似ていた。

口に食べ物を一切入れさせないで点滴だけの栄養補給であったが、体重が極端に減ってしまい腕・足は筋肉がなくなり骨と皮だけになってしまった。

昨日の尾鷲病院の栄養サポートチーム(NST)では、患者の消費カロリーを計算して食べやすくした食物をなるべく口から摂取させる。ないしは食べられない場合は胃から流動食を入れていた。

栄養サポートチームの説明では、小腸にある柔突起が食べ物の栄養を吸収すると同時に、柔突起の免疫細胞が雑菌の進入を阻止する。この作用が体全体の免疫力を維持、高めていくと言う。

点滴だけだと柔突起そのものが衰え、破壊されてしまうと言う。

亡くなった父のことを考えると、入院していた病院ではカロリー計算しているなど全く聞いていない。

食べ物を食べさせてはならないと、注意もされていた。

素人の目から考えても、ここまでなぜ痩せさせることが必要なのか、2人の父の最後の体形が似ていて非常に疑問があった。

高齢の中で体重が大幅に減らされ、体力や免疫力が無くなって行けば向かう先は限られる。

これを考えると2人の死は非常に残念でならない。

これから入院する場合の病院の選択肢には、この栄養サポートチーム(NST)の有無が欠かせないと私ならそう考える。

残念ながら日本国内の病院で栄養サポートチーム(NST)を立ち上げて機能しているところは少ないようだ。

尾鷲病院の場合、栄養サポートチーム(NST)の顧問医師を中心に既存の医者や看護士や栄養士をやりくりしてチームを立ち上げやっと機能し始めていると紹介されていた。

厚生労働省もやっと重い腰をあげて栄養サポートチーム(NST)を考えるようになるらしい。

早く多くの病院で栄養サポートチーム(NST)を実現してほしいと期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陶器愛好人

朝刊に全国陶器市のチラシがあることを女房は見つけてしまった。
今、その会場に来ている。
北風がかなり強く吹く朝に、また自動車じゃないとこられない会場にも関わらず多くの来場者が来ている。
日本人は老若男女関わらず陶器が好きな人種のようだ。
我が家に至っては、正月三が日に笠間と益子に行ったばかりで、陶器市に来たのが早くも今年で3ヵ所目だ。
女房は私を置いて一人で会場を軽いあしどりで歩き回っている。
なぜか私はモブログしている。

位置情報:千葉県市川市柏井町050108_1229.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖冬の中の寒さ

この冬は暖冬と言われていたが、この2-3日の寒さは身にしみる。

今朝、歩きで自宅から駅まで行ったが、駅まで着いた時には鼻を中心に寒さでしびれていた。

職場では、椅子に座っていると膝から下が寒くてしょうがない。

自宅でも、ファンヒーターをフル回転させてもなかなか室温が上がらない。そんなことだから、エアコンまでつけるしまつ。

ヒーターをつけるのはいいが、もっと体が温かくなるように重ね着をしたらと女房に話した。

今私の姿は、フリースのパジャマにフリースの綿入れとスエットパンツ、足は素足だかフリースのスリッパを履いている。

この状態でやっと寒さを感じない。

しかし、同じ姿をしていても夜明け前後に静かにパソコンを操作していると、足の先から寒さが伝わってくる。

結局、寒さに我慢できなくなって最後にはファンヒーターをつけてしまう。

やはり、冬には火の温かさは必要なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

還元力のある塩

いのちと塩―新・生命の創世紀
佐藤 稔 佐藤 秀夫


の共著の一人佐藤稔から、この本を手渡されたのは今から約4年前だった。

ここで紹介された塩キパワーソルトは、還元力がある塩という。

この本では、著者自らがこの塩で不思議な経験を綴っている。

私も、この塩を愛飲しているが、塩が還元力があるということがこの目で見たことがなかった。

この年末年始に500mlペットボトルに水を半分とキパワーソルト小さじ半分を入れ、その中にさび付いた釘を入れて様子を見るという実験をした。

6日目の今日で実験を終了するが、水が全体に茶色になり、釘にびっしり付いていた茶色のさびが釘から離れペットボトルの底にまるで茶色のゴミが浮遊しているよう。

ペットボトルから取り出した釘は茶色さびの付着がほとんどなく、全体が黒色している。

ためしにヤスリで擦ってみたらすぐにきらきら光る地金が出てきた。

これが還元塩キパワーソルトを使った実験だ。化学が得意でない私にとって還元力を確認したことになるのかわからないが、さびが分離したことを確認した。

塩に還元力がある?普通の塩は、金属をさびさせる酸化作用のイメージがあるがこの塩は全く逆だ。

これは、塩という食品のイメージではなく、別のものというイメージが必要かもしれない。

今考えると、この本は日本で塩を見直すきっかけを作った本ではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSとRSSリーダー

年末の暇つぶしにインターネットを見ていたら、RSSという文字に注目が行った。

RSS、詳しいことはよくわからないが、

RSSとは、サイトの概要を記述するための形式で、一部のニュースサイトや、Blog(日記)で使われています。
とあるホームページの解説にあった。

このホームページにも右サイドバーの最下部に”このサイトと連携する (XML)”というものがあり、これをクリックすると上の説明で言う”サイトの概要を記述するための形式”が出てくる。

この形式のアドレスをRSSリーダーに埋め込むと記事が自動的に新しい順番に読み取ることができるという。

早速、無料RSSリーダー探しているうちにGooのRSSリーダーがホームページタイプであったがダウンロードしてみた。

このRSSリーダーにはGooのRSS情報は埋め込まれ、いくらでも自分で他のRSSアドレスを追加できる。

好きなブログやニュースの最新記事がクリック1回だけでタイトル一覧を見ることができる。さらに、タイトルをクリックすると直接ブログやニュースがあるホームページにリンクされて全文を読むこともできる。

これは画期的だ。

興味はさらにひろがり、ブログにも利用できる無料RSSリーダーがないか探していたらRSS Feed : ZOO !というホームページを見つけた。

解説によると

RSSを取得して整形したテキストを配信します。Javascriptを用いて色々なサイトに表示可能です。また、デザインはCSSで自由に変更可能です。
という。

使い勝手がいいので自分のホームページの左サイドバーにいくつか貼り付けてみた。

こうなると、いろいろな情報を網羅したい気持ちが高まり、RSS RDF XMLのマークが気になってしょうがない。

RSSを紹介しているあるホームページでは昨年はウェブログの年、今年はRSSの年と書いてあった。

確かにこの便利さを考えるとうなずけるような気がする。


<トラックバック先>
たあ様の 日々のことさんのこのサイトと連携する(XML)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット要注意期間

快晴の元日を迎えた。小さな庭には、29日と昨日降った雪が残っている。

サッカー天皇杯のテレビを見ながらのんびりと過ごしている。

でも、忘れてならないことは只今ダイエット中である。

先日も記事したように、昨年約2ヶ月で苦労して2.5キロの体重を減らすことができた。

ダイエット中の者から考えると、年末年始は気が緩む要注意期間だ。

この時期、アルコール量も増え、正月料理もあることからどうしても摂取カロリーが増えてしまう。

今朝は、雑煮を食べた後昨夜の寝不足を解消するために早い昼寝をしてしまい、ほとんど運動していない。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまう。

今年の目標は、体重を60キロにすること。

少なくとも、摂取カロリーと消費カロリーが同じであればいいと思うのだが。

この気持ちが気の緩みか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »