« 首都高速道路の料金均一見直し | トップページ | 餃子の王将が中国に進出する »

JR南千住駅解体

幾度か通勤に常磐線を使用していることを書いている。

その常磐線の南千住駅が解体されている。

ほぼ完成しているつくばエクスプレスの関係で常磐線の南千住駅が昨年の10月だったと思ったが、新しい南千住駅に完全に移ったのだった。

旧南千住駅は新しい駅になってから解体が少しずつ行われていたが、最近富に解体の早さが早くなっているようだ。

ほんの少しを除いて、ホームの原形はなくなっている。そして、ホーム下にあった赤茶けた鉄骨の橋桁もどこかに持ってしまい、橋脚だけが残っている。

上野側の方にほんのわずかホームの原型をとどめているが、屋根を支える柱に貼ってある”みなみせんじゅ”や”MINAMISENJU"のプレートがそのままであった。

役目を終わったそのプレートが何となくさびしく感じた。

|

« 首都高速道路の料金均一見直し | トップページ | 餃子の王将が中国に進出する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/3049947

この記事へのトラックバック一覧です: JR南千住駅解体:

« 首都高速道路の料金均一見直し | トップページ | 餃子の王将が中国に進出する »