« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

JR福知山線の脱線事故

JR福知山線の脱線事故は事故発生から4日目にしてやっと乗客乗員全員の捜索が完了した。

ここまで時間がかかったのは、1両目がマンションに突っ込み、その場所が自動車の駐車場で、ガソリンの匂いが立ち込んでいたために火花が出る作業ができず、手作業で捜索せざるを得なかったようだ。

死亡された方は106名と発表されているが、集中治療室で治療されている人もいるようだ。

私が最初に前代未聞の鉄道事故があったことを聞いたときは、何で車両が脱線してマンションに激突するのだろうと想像することすらできなかった。

原因は今の時点でもはっきり見解が出ていないようだが、制限時速を大幅に越える走行スピードが原因であることは素人考えでもわかる。

ここでまた疑問が湧く。日本が誇る自動列車制御システム(ATS)は、制限時速も制御するんじゃないのと。

人間がやることは100%完璧を求めることなどできるわけがない。

そのカバーをするのがATSの役割ではないのか。

しかし、運転手がこのシステムを切っていたら問題外な話になるが。

たまたま事故の車両の4両目に乗り合わせたイオ子さんのブログ福知山線事故生還から二夜あけて。《脱線事故全記録》
を見つけた。

生々しい記録が記述されている。また、新聞報道等と違うことも事実も書かれている。

運転手の資質や会社の指導方法に目が向けられているが、安全が第一の輸送会社の考え方がおかしいのではないか。同じようなことは日本航空の事故も記憶に新しい。

イオ子さんへ:勇気を持って投稿されたこと、また生還できてよかった!今、複雑な心境であると思うが頑張って下さい。

(追記)福知山線のATSは他のブログによるとスピードを制御できない旧式だったようです。

<トラックバック先>
・退かぬ、媚びぬ、省みぬ!/尼崎 福知山線 脱線事故
・YANBO'S BLOG 「四季折々」 / JR福知山線の事故について一言 2 前編 超長文注意
・Proving grounds of the mad over logs/暴走
・Cafe de I love you.../企業責任
・きくりんのひとり言/JR福知山線脱線事故
・ヒビノキロク * タビノキロク。/兵庫県・尼崎でJR脱線事故発生

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウィルス対策ソフトがパソコン障害

パソコンのウィルスが侵入しないように、パソコン使用者は気を使っている。

プロバイダーや通信会社もウィルス対策を売り物に宣伝が活発だ。

そんな中、国内のシェア40%前後と言われる「ウィルスバスター」がパソコン障害を起こした。

不具合を起こしたパソコンは起動しなくなったり、ネットワークに接続できなくなったりするという。

個人もさることながら法人や官庁も「ウィルスバスター」を使用して市民生活にも障害を起こしているようだ。

「ウィルスバスター」は保険のようなものなのに、それがパソコン障害を起こすとは安全に対する信頼を無くしてしまう。

パソコンを復旧させるためにどれだけの労力が必要か、考えただけでも想像を絶する。

幸い、我が家では他のソフトであったために事故は起こさなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はたきではたく

帰宅途中、信号でバスが止まったときのことだった。

目を車窓の外に向けたら、小さなお菓子屋が目に入った。

店主と思われる人が、1メートル程の細い棒に布切れを取り付けたもの、いわゆる「はたき」を商品の上をはたいているのを見た。

この光景は掃き掃除をする前のあたりまえの光景であったが、我が家では見られなくなった。

女房に「はたきはあるか?」と聞くと、履かなくなったストッキングを使って手作りしたものだが今はないと。

また女房曰く、はたきは塵を拡散するだけだから必要ないと。

小さなお菓子屋では、商品に塵やごみがたかっていては商品が売れなくなるのではたきではたく習慣が残っているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい声のドラエモン

昨夜、ドラエモンを久しぶりに家族3人で見た。

各キャラクターの新しい声を意識したドラエモンの鑑賞であった。

ドラエモンやのび太の声は聞いているだけでもかなり若返ったなと感じる。

ドラエモンとのび太だけの場面の時、漫画を見ないで声を聞くとドラエモンの声とのび太の声がほとんど変わらないように聞こえる。

家族の1人が言った。

ドラエモンはだみ声でないとねドラエモンらしくないね。

他の家族が言った。

みんな若いのだから仕方がないよ。20年後くらいなるとドラエモンらしくなるんじゃない。

我が家では、やはり前のドラエモンの声が強く印象に残っているようだ。

ドラエモンの声の思いは大人だけの言い分。でも、声は変わってもドラエモンの活躍は変わっていない。子供たちのドラエモンの思いはほとんど影響ないのではないか!

トラックバック先:くるくるサインポール(^-^)v/ドラえもん2

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ストリートミュージシャンと千葉県柏

夕方近くになると駅周辺にギターを持って歌を歌っている若者を目にする。

つい最近までその若者を”ストリートミュージシャン”と言うことを知らなかった。

常磐線の柏駅東口はストリートミュージシャンにとって聖地だということをラジオ放送を聞いて知った。

理由は、プロデビューを果たした「サムシングエルス」が柏のストリートミュージシャンだったからだ。

ストリートミュージシャンは自分の実力を披露するためにひとが集まる駅周辺で演奏しているが、場所によっては後ろめたいことも多いらしい。

ところで、「サムシングエルス」を輩出した柏は、市の活性化の一環として柏駅東口を条件に見合うストリートミュージシャンに開放することを決めた。

ストリートミュージシャン認定ガイドを用意している。

柏は隣の市であるが、なかなか乙な事をするなと関心する。

聖地柏に集まれストリートミュージシャン達!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜祭り

大宮公園の桜祭りに来ています。
桜が満開です!
05-04-07_19-45

たくさんの宴会の花が開いています。
今日、暖かく花見日和で、半袖の女性もいます。
何年ぶりかの花見で焼鳥をほお張りながら春を感じています。

位置情報:埼玉県さいたま市大宮区錦町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATMの凸面鏡

ある銀行で通帳を記帳しようとATMの前に立った。

そのとき、ATMに通帳を差し込む右脇に見かけないものを見つけた。

それは、凸面鏡だった。

ATMの真ん前には自分が立っているが、凸面鏡を眺めると自分の後ろの人間が良く見える。

キーボードで暗証番号を打ち込むときに後ろの人間がみていないか、わざわざ後ろを振り向くことなく安心を与えるための凸面鏡のようだ。

暗証番号を見破られて預金を引き出される事故が多く発生している。

この銀行のほかにも数行記帳に回ったが、この銀行意外に凸面鏡を設置している銀行はなかった。

あなたもATMで預金を下ろすときは御用心を!

そして、暗証番号は生年月日、住所、電話番号を使わないようにしましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バンダイのプリモプエル

久しくぬいぐるみなど手にしたことがなかったが、面白いしゃべるぬいぐるみを身近に見た。

収納されていた箱にはバンダイの”プリモプエル”という名前で、初めて聞くものだった。

このぬいぐるみの楽しいことは、頭や頬などをさするといろいろな言葉をしゃべる。

それだけなら変哲もないが、繰り返しプリモプエルの同じところをさすると”しつこいなあ”など突飛な言葉が出てさすっている者を驚かし、思わず大笑いしてしまう。

また、”あそぼ”と呼びかけると、プリモプエルが短い歌を歌い出す。

これだけでなく、季節的な言葉もしゃべるようで、たとえば”バレンタインなんだけれどプレゼント忘れちゃった”とか。

解説書によると400語の言葉をしゃべると書いてある。

介護施設に勤めている姪の話では、このプリモプエルを抱いて孫のように可愛がっている一人きりのお年寄りがいるそうだ。

使用年齢が12歳以上と書いてあったが、老若男女問わず楽しく遊べる、そして癒せるぬいぐるみだ。

バンダイのホームページでは発売から5年が経過してすでに100万体発売しているそうだ。

サイト内リンク:プリモプエル専門店に来ています

トラックバック先:
☆hiropechi blog☆/話す人形『プリモプエル』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »