« はたきではたく | トップページ | JR福知山線の脱線事故 »

ウィルス対策ソフトがパソコン障害

パソコンのウィルスが侵入しないように、パソコン使用者は気を使っている。

プロバイダーや通信会社もウィルス対策を売り物に宣伝が活発だ。

そんな中、国内のシェア40%前後と言われる「ウィルスバスター」がパソコン障害を起こした。

不具合を起こしたパソコンは起動しなくなったり、ネットワークに接続できなくなったりするという。

個人もさることながら法人や官庁も「ウィルスバスター」を使用して市民生活にも障害を起こしているようだ。

「ウィルスバスター」は保険のようなものなのに、それがパソコン障害を起こすとは安全に対する信頼を無くしてしまう。

パソコンを復旧させるためにどれだけの労力が必要か、考えただけでも想像を絶する。

幸い、我が家では他のソフトであったために事故は起こさなかった。

|

« はたきではたく | トップページ | JR福知山線の脱線事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/3833258

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルス対策ソフトがパソコン障害:

« はたきではたく | トップページ | JR福知山線の脱線事故 »