« 脱線危険2555カーブ | トップページ | 光ファイバー導入したい »

ふろしきの魅力

朝刊に”ふろしきの魅力再発見”と題して日本古来からあるふろしきを紹介している。

記事は、ごみをいかに少なくするかを協議する国際会議場の一角にふろしきコーナーを設けたことから始まっている。

私がふろしきで思い出すのは、大学時代に教授が書類を持ち出す時にふろしきを使っていたこと、またお笑いで東京ぼんたが唐草模様のふろしきを肩に背負って演技していることなどなど。

私自身がふろしきを使ったという記憶がない。

1枚の四角い布地だけで物を包んでみたり持ち運びを便利してみたりと、ふろしきは日本文化の1つと言っても良いのではないか。

国際会議場でふろしきで包まれた品々を見た海外からの参加者は、魅力や利用方法に歓声を上がったという。

先日、日本チェーンストア協会がレジ袋を有料化の法制化する意見書が国に提出されている。

我が家では台所の片隅にレジ袋が大量に入った容器あり、再利用する方法もなくレジ袋が増える一方だ。

レジ袋の削減だけでなく、変幻自在に楽しみが広がるふろしきが見直されるかも知れない。

メーカーもその辺を意識してか、デザインを工夫したふろしきを作成に取り掛かっているようだ。

日本文化の1つが消えつつある”ふろしき”の復活になるか!

トラックバック先:Aにっきちょう/魔法のふろしき
そうなんだ~blog/△▼△▼ふろしきの効用 -3R、もったいない 環境省納得-

|

« 脱線危険2555カーブ | トップページ | 光ファイバー導入したい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/4323628

この記事へのトラックバック一覧です: ふろしきの魅力:

« 脱線危険2555カーブ | トップページ | 光ファイバー導入したい »