« トラックウォーク | トップページ | その他の雑酒② »

携帯電話で思うこと

最近、携帯電話で感じたことがあったので書きたい。

先日起こったJR福知山線の脱線事故であった。安否を気遣った家族や友人からメールや電話の呼び出し音がひっきりなしに聞こえていたという。

家族や友人から見れば、携帯電話からの何らかの反応をしてほしいと期待して呼び出し続ける。

大都市で発生した脱線事故のために、携帯電話を持っていた乗客が殆どではなかったか。

捜索する救助隊員の作業する音の中で、携帯電話の呼び出し音が鳴りつづけ、それを聞くことの空しさは想像を絶すると思う。

方や、事故を取材するために多くのカメラマンや記者が詰め掛けている。

会社などと連絡をとるために携帯電話が使われていて、取材する人間に対して携帯電話の呼び出し音がやはりひっきりなしに鳴っているという。

はっきり言って、記者やカメラマンの携帯電話の呼び出し音は、救助隊員にとっても被害者の呼び出し音を目当てに捜索したこともあって邪魔な音だ。

事故現場で同じ携帯電話の呼び出し音であるが、一方で悲しく、もう一方で怒りを感じるのはなぜだろうか。


|

« トラックウォーク | トップページ | その他の雑酒② »

コメント

携帯電話ネタでトラックバックさせていただきました。

投稿: ZeN | 2005/06/13 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/3996888

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話で思うこと:

» おかけになった電話番号は [とぜんなか]
今日「ふっ」と昔の友人を思い出し電話をしてみる事にした。 「こちらはNTTドコモです。おかけになった電話番号は現在使われておりません」 聞き慣れたアナウンスが流れます。 家の電話ってそうそう変わるものじゃないですけど、携帯の番号ってなんですぐ変わちゃうん... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 01:27

« トラックウォーク | トップページ | その他の雑酒② »