« 無観客試合 | トップページ | 尾瀬の7割所有 »

固定電話契約6千万件割る

我が家はADSLを使用しているので固定電話契約している世帯になる。

携帯電話やIP電話は増加傾向にある中で、固定電話は減少していることになる。

でも、前年度比1%減という。

最近NTTから委託された業者から「無料で光ファイバーが利用できるようになる。申し込みしてほしい」と繰り返し電話してくる。

NTTは固定電話のコストが高いから、銅線を使う固定電話を縮小してコストの安い光ファイバーに切り替えてIP電話に切り替えるのだろうと感じてしょうがない。

まだまだ光ファイバーの利用月額は、ADSLより高い。

でも、もう少し光ファイバーのコストが安くなったら、ADSLで利用している固定電話の契約件数は急激に減ることになるだろう。

トラックバック先:
MEICHIKU なんでもぶろぐ/IP電話がISDNを抜く

|

« 無観客試合 | トップページ | 尾瀬の7割所有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/4485149

この記事へのトラックバック一覧です: 固定電話契約6千万件割る:

» IP電話がISDNを抜く [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
2004年度末の集計値で、総務省がまとめた電話サービス契約数によるとIP電話が前年度比57.2%増の830万件となり、ISDNの契約数798万件を上回った。(こちらは前年度比-7.5%というように減少している)更に、固定電話(通常の加入電話とISDNの合計)の契約回線数も1%現象して6000万件を割り込み、5961万件となった。(これで7年連続で減少となった。) 携帯電話の方も、伸びは鈍っているものの回線数は増加しているので、固定電話の減少がより目立ってしまう。NTTは危機感を強めているが、この傾向... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 21:14

« 無観客試合 | トップページ | 尾瀬の7割所有 »