« からだが軽い | トップページ | 無観客試合 »

小学校からのブログ発信

朝刊に千葉県印西市立大森小学校のブログが紹介されていました。

子供達が自ら文章を考えて投稿しているようです。

ブログは文章や画像を投稿すれば簡単にホームページが作れるとか、コミュニケーションができるとか多くの書籍にも書かれています。

しかし、それ以外にも副次的な効用を感じています。

決してりっぱな文章でなくても、自分で何を書こうか、どんな文章にしようか、文章を組み立てようとか、文章を作ることを常に考えることはすばらしい。

多分小学生達は、今日何を書こうかと目がいろいろなところ行って観察していると思います。

朝刊には、トラブルに巻き込まれることを心配してブログの利用を考えていないという教育委員会があるようですが、確かに文章の書き方によっては誤解されることもあることも確かです。

文章を公開することとはどういうことなのかを十分に理解させることは、インターネット時代に必要なことではないでしょうか。

悪質なコメントがあった場合の対処機能が殆どのブログに用意されていますので、問題は殆ど起こらないでしょう。

今の子供達は塾に行かなくてならないとかテレビゲームとか一人で行動することが多く、環境が自閉的になっていると日ごろ感じています。

気持ちを外に出す環境作りに交流が広がるブログが役立つと思います。

ブログで投稿する、それを小学生が行っている。朝刊には、パソコンの前にいる小学生の写真が掲載されていますが、皆目が輝いて見えます。

将来が楽しみです。

|

« からだが軽い | トップページ | 無観客試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/4415670

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校からのブログ発信:

« からだが軽い | トップページ | 無観客試合 »