« 救急車の代わりにタクシーを!=「サポート・キャブ」導入-東京消防庁 | トップページ | トラックバックを活用しよう »

秋葉原のヨドバシカメラと有楽町のビックカメラ

今日、秋葉原のヨドバシカメラが新規開店した。

日本最大の売り場面積ということだ。

その秋葉原のヨドバシカメラのチラシが我が家の朝刊の中にあった。

常磐線沿線の我が家だが、終点が秋葉原であるつくばエクスプレスの影響もあってチラシを入れてきたのであろうか。

地元の電気製品量販店のチラシは毎週末に入る事はあるが、秋葉原のヨドバシカメラのチラシが入っているとはびっくりした。

さらに、何とヨドバシカメラを意識したのか、有楽町のビックカメラのチラシも入っているではないか!

ビックカメラのチラシはページ数はヨドバシカメラの半分だが、秋葉原のヨドバシカメラのオープニングセールと同じ16日から22日まで「大感謝祭」銘打ったチラシだった。

明日から3連休だが、どこにも行く予定がないから秋葉原でも行ってみようか。

でも、商品を買う○もないなあ。

トラックバック先:
ドラマの視点/出現! アキバ台風 ヨドバシ秋葉原店
Between Ideal and Reality/秋葉が変わる!ヨドバシが変える!!
愚者の思考/ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
TELE-WIDE/マルチメディアakiba
浪花娘。に恋しちゃった (・∀・)/ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba行きました
このDVDを買わずしてどうする/9/16ヨドバシカメラAkibaオープンついでにビックカメラ有楽町店もレポート

チラシにヨドバシカメラCMソング<Akiba編>がありました
1.ま~るい緑の山手線 真中と通るは中央線 新宿西口駅前と秋葉のヨドバシカメラ
2.つくばと繋がる秋葉原 ますます便利なお買い物 IT何でもそろっている 秋葉のヨドバシカメラ
3.良いパパ、良いまま、良い家庭 みんなが集まる秋葉原 安くて何でもそろっている 秋葉のヨドバシカメラ
4.つくばエクスプレスも走ってる 買い物便利な秋葉原 大きな売り場と品揃え 秋葉のヨドバシカメラ
5.みんなが集まる秋葉には IT何でもそろっている 世界中の注目だ 秋葉のヨドバシカメラ

tosiブロ 物欲優等生/ヨドバシAkiba




|

« 救急車の代わりにタクシーを!=「サポート・キャブ」導入-東京消防庁 | トップページ | トラックバックを活用しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/5975095

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原のヨドバシカメラと有楽町のビックカメラ:

» 9/16ヨドバシカメラAkibaオープンついでにビックカメラ有楽町店もレポート [このDVDを買わずしてどうする]
9/16各方面で騒がれている またニュースでも報道があったヨドバシカメラAkibaオープンである。小生さすがに並びはしなかったが買い物をしてきたのでレポートする。 おっとその前に時系列からいうとビックカメラ有楽町店だ。 まず地方の人のために軽く解説を。 有楽町は...... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 00:07

» ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba [愚者の思考]
 歯医者の帰りに秋葉原へ寄ってみた。NHKニュースなんかでも取り上げられるくら [続きを読む]

受信: 2005/09/18 21:17

» ヨドバシAkiba [tosiブロ 物欲優等生 ]
話題のヨドバシAkibaにようやく行ってきた。 オープンに五千人並んだとか、三日で八十万人来店したとか「ホントかよ」と疑いたくなるような情報が飛び交ってる。 実際はどうなのかこの目で確かめようと。... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 08:31

» ヨドバシAKIBA店、「Advanced/W-ZERO3[es]」に長蛇の列 [モバイルを極めろ!極上モバイル通信 ]
ウィルコムは、Windows Mobile 6 搭載のシャープ製スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」を7月19日に発売する。これに伴い、予約受付が開始された6月29日、東京都内のビックカメラ 有楽町店とヨドバシカメラAKIBA店において、タッチ&トライ予約イベントを開催した。  AKIBA店の店頭には予約を申し込むユーザーで長蛇の列ができた。店頭にて挨拶を行なった...... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 09:12

« 救急車の代わりにタクシーを!=「サポート・キャブ」導入-東京消防庁 | トップページ | トラックバックを活用しよう »