« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

つくばエクスプレスに車掌がいない!

昨日、つくばエクスプレス秋葉原駅からモブログをしました。

モブログするために、3本程電車を見送り乗車することになりました。

乗った車両番号は「TX-1113」でした。そういえば、車両番号のトップ番号が1と2があり、その違いを以前投稿したことを思い出しました。

初めてのつくばエクスプレス、当然先頭車両に乗車しました。

出発15分前に運転手が運転席に着き、その後今まで見たことがない光景をいくつか見ることになりました。

運転手が車内案内をしています。運転席にあるマイクに向かって案内をしています。

また、スイッチを入れ替えたのでしょう、秋葉原駅ホームの場内案内もしているではないですか。

ということは、つくばエクスプレスの車両には車掌がいない?!

2番線に入ってきた後発の車両が止まりましたが、最後尾から車掌が出てこないことに気が付きました。

車掌がいないということは、次の停車する「新御徒町」駅ではっきりわかりました。

車両が完全に止まったことを運転手が指差し確認をした後、「ドア開閉」ボタンを押してドアを開けいます。

ローカル路線でワンマン車両は関東で鹿島線(記事を投稿しています)に乗った事がありましたが、都市部の車両でワンマンは初めてです。

さらに、この車両の運転に関してはすべてコンピューター管理されている事がわかりました。

JRの車両は運転席の左側にあるレバーで発進と停止を兼ねて前後に動かしています。

つくばエクスプレスもレバーがありますが、発進は運転席右手にある「出発」ボタンを押しています。

運転席の左手のレバーがありますが、ブレーキを掛ける時に本来レバーを動かすところでく動かしません。

自動的に車両は停車位置で停車します。ブレーキレバーを動かす時はよっぽど緊急性がないと動かさないようです。

走行中、一定区間ごとにある信号機は1つもないことも気が付きました。

確か開業直後、北千住駅手前で停車してしまったことを新聞記事を見ましたが、コンピューター制御がうまく作動しなかったのでしょうか。

つくばエクスプレスは最先端の技術を利用した未来型車両なのかもしれません。

つくばエクスプレスの秋葉原駅から北千住駅(運賃280円)までの乗車でしたが、興味をそそる光景で各駅停車にもかかわらずあっという間に到着し下車する事になりました。

トラックバック先:
つくばで暮らすFPが発見したモノとコト/やはり気になるつくばエクスプレスの乗り心地
ハネモノ/TX



| | コメント (0) | トラックバック (1)

はやぶさ、イトカワ再着陸…岩石採取装置も作動

リンク: @nifty:NEWS@nifty:はやぶさ、イトカワ再着陸…岩石採取装置も作動(読売新聞).

イトカワの岩石が採取されていれば快挙ですね。

はやぶさはこれから3億キロの帰還の旅になります。

そして、地球の大気圏に再突入することになります。

まだまだ、未経験の壁を越えなくてはなりません。

でも、イトカワの岩石を積んで無事に帰還することを期待しましょう。

トラックバック先:
の ん き  の ん き/探査機「はやぶさ」3億K先で大仕事・・・
松浦晋也のL/D /「はやぶさリンク」:成功!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくばエクスプレス秋葉原駅

秋葉原に来ましたので、帰りはつくばエクスプレスに乗ります。
ホームまでいくつのエレベーターを乗り着いたでしょうか。
運よく携帯電話の電波は強く入っています。
ホーム乗り口には、仕切りがあって線路に落ちないようになっています。
これから北千住駅まで乗車します。

20051126.jpg




| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射線の利用で新しいガーゼができました

朝刊トップの小さな広告が目に付きました。

「ガーゼにかわるキズ当て材として、寒天が固まったような状態のシートが放射線の利用によって開発されました。」と書かれていました。

以前、ケガの湿潤療法のことを投稿しましたが、その湿潤療法用の素材のことだったのです。

さらに、広告は「原料に放射線をあてることで、水分を含んだまま一定の形を保たせることが可能になり、こうして作られた透明で柔軟性のあるキズ当て材が、すでに市販されています。」と。

放射線と言えばいいイメージと悪いイメージがありますが、これはいいイメージの1つですね。

未だに新しい素材に出会ったことはありませんが、そんなにケガが早く治るのでしょうか。

広告のタイトルは「エネルギーのはなし」で、広告主は日本原子力文化振興財団でした。

トラックバック先:
はったりパインの記録/うがいは水で十分。
MemeDrive/ファーストエイドキット




| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都千代田区のマンホール

20051108manholekouzimati

勤め先付近の通勤途中で桜の花を象ったマンホールを見つけました。

マンホールの直径は70センチ程の普通サイズです。

桜の花と言ってしまいましたが、花びらとの間には東京都の「木」であるイチョウの木の葉が象られています。

場所は千代田区麹町あたりです。

カテゴリ:マンホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県松戸市のマンホール2

20051108manholemastudo2

松戸市というと江戸川にあります「矢切の渡し」が有名です?!

今でも、土日祝日にりっぱに運行しています。

「矢切の渡し」のマンホールを見つけました。

マンホールの直径は70センチ程で普通見られるサイズです。

カテゴリ:マンホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県市川市のマンホール

20051106manhoolitikawa

市川市のマンホールです。

直径45センチで普通のマンホールの半分くらいの大きさです。

松の木をが彫られているようです。

市川市の観音寺には大きな松の木がありますが、それをかたちどったのでしょうか。

カテゴリ:マンホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県松戸市のマンホール

20051106manhoolmatudo

マンホールを紹介していきます。

これは松戸市のマンホールです。直径70センチ程の普段見る大きさです。

コアラが描かれています。松戸市とコアラの関係があるのでしょうか?

たぶん、オーストラリアの都市と姉妹提携しているのだと思います。

確か松戸市にある有線テレビをコアラテレビと言っていました。

カテゴリ:マンホール

トラックバック先:
穴の向こう側/愛知県長久手町、瀬戸市、尾張旭市のマンホールのふた

| | コメント (0) | トラックバック (1)

緊急地震速報、気象庁が本格運用へ

地震の初期微動をとらえ、大きな揺れが来る前に知らせる気象庁の「緊急地震速報」が、来年度から始まる。

試験運用中の8月の宮城県沖地震で注目され、将来は、総務省の全国瞬時警報システム(J―Alert)を使い、防災行政無線で住民に伝える方向だ。

ただ、使われ方によってはパニックをひき起こしかねず、気象庁は慎重に普及方法を探る。
<朝日新聞より>

1分より短い時間に地震が発生することを告知してくれる訳ですが、この短い時間の中で家庭でできると言えばガスの元栓を切るとか火元を切るとかくらいでしょうか。

でも、地震のよる火災は阪神淡路大震災の記憶がよみがえります。

パニックは多数の人がいる場所で起こるので、単なる地震情報だけを流すのではなく「地震の様子を見届ける」ような放送を流せばいいのではないでしょうか。

最近関東地方でも大きな地震が発生しているので、早く導入してほしいと思います。





| | コメント (0) | トラックバック (2)

NHKのスペシャル番組「サイボーグ技術が人類を変える」を見て

サイボーグというと映画のロボコップを思い出します。

昨夜のNHKスペシャル立花隆さんの「サイボーグ技術が人類を変える」を見て脳を管理できる技術がもうすぐロボコップもできますというところまで完成されていることを見せ付けられました。

いつの時代でも先端技術は病気や怪我で人が日常生活ができるよう補える目的と軍事目的の両面に利用されます。

人工内耳やパーキンソン病のために電気信号を直接脳に与えて日常生活を送っている人を紹介していました。

脳に送っている電気信号のスイッチを切るとパーキンソン病特有の手足の震えが出てきて、スイッチを入れると震えが止まり普通の生活ができる。

これぞ、平和利用のすばらしい技術であると唖然としました。

しかし、これらを見ているうちに「軍事利用されたら」という気持ちになり、番組の最後に米国の軍事利用についても紹介されていました。

脳を管理するチップが体の中に埋め込まれているために外見上普通の人のように見えますので見分けができません。

電子回路の小型化あいまって、脳の管理の技術が数年で出来上がるそうです。

私は平和利用に限り進歩させて欲しいと思いますが、すでに米国など軍事利用に多くの予算を当てていることも事実のようです。

機械が脳を管理する。極端な言い方をすると、体と意識が分離されてしまうこともありえることを物語っているようです。

トラックバック先:
デジタルな広告たち/NHKスペシャル「サイボーグ技術が人類を変える」はショッキングでした
0mb/NHKスペシャルを見た。
ren-net for cocolog/サイボーグ
時空を超えて Beyond Time and Space/ロボットは人間を超えるか
Gate of Babylon/立花隆・最前線報告”サイボーグ”が人類を変える
メガネ部ログ/鋼の錬金術師を想像
福島人の自転車ツーリング+車+日本酒/サイボーグは現実に作れる!?
BLACKLAND's BLOG/立花隆が探る サイボーグ医療の時代第1回 雑感





| | コメント (0) | トラックバック (5)

ベガルタ仙台対横浜Fマリノス

今年のマリノスは天皇杯を除くと無冠です。
今日から天皇杯優勝を目指しサポーターも頑張ります。

20051103.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »