« 東京都千代田区のマンホール | トップページ | つくばエクスプレス秋葉原駅 »

放射線の利用で新しいガーゼができました

朝刊トップの小さな広告が目に付きました。

「ガーゼにかわるキズ当て材として、寒天が固まったような状態のシートが放射線の利用によって開発されました。」と書かれていました。

以前、ケガの湿潤療法のことを投稿しましたが、その湿潤療法用の素材のことだったのです。

さらに、広告は「原料に放射線をあてることで、水分を含んだまま一定の形を保たせることが可能になり、こうして作られた透明で柔軟性のあるキズ当て材が、すでに市販されています。」と。

放射線と言えばいいイメージと悪いイメージがありますが、これはいいイメージの1つですね。

未だに新しい素材に出会ったことはありませんが、そんなにケガが早く治るのでしょうか。

広告のタイトルは「エネルギーのはなし」で、広告主は日本原子力文化振興財団でした。

トラックバック先:
はったりパインの記録/うがいは水で十分。
MemeDrive/ファーストエイドキット




|

« 東京都千代田区のマンホール | トップページ | つくばエクスプレス秋葉原駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/7224003

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の利用で新しいガーゼができました:

« 東京都千代田区のマンホール | トップページ | つくばエクスプレス秋葉原駅 »