« NHKのスペシャル番組「サイボーグ技術が人類を変える」を見て | トップページ | 千葉県松戸市のマンホール »

緊急地震速報、気象庁が本格運用へ

地震の初期微動をとらえ、大きな揺れが来る前に知らせる気象庁の「緊急地震速報」が、来年度から始まる。

試験運用中の8月の宮城県沖地震で注目され、将来は、総務省の全国瞬時警報システム(J―Alert)を使い、防災行政無線で住民に伝える方向だ。

ただ、使われ方によってはパニックをひき起こしかねず、気象庁は慎重に普及方法を探る。
<朝日新聞より>

1分より短い時間に地震が発生することを告知してくれる訳ですが、この短い時間の中で家庭でできると言えばガスの元栓を切るとか火元を切るとかくらいでしょうか。

でも、地震のよる火災は阪神淡路大震災の記憶がよみがえります。

パニックは多数の人がいる場所で起こるので、単なる地震情報だけを流すのではなく「地震の様子を見届ける」ような放送を流せばいいのではないでしょうか。

最近関東地方でも大きな地震が発生しているので、早く導入してほしいと思います。





|

« NHKのスペシャル番組「サイボーグ技術が人類を変える」を見て | トップページ | 千葉県松戸市のマンホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/6922104

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急地震速報、気象庁が本格運用へ:

» 本当に有効性があるのだろうか?〜緊急地震速報、気象庁が本格運用へ〜 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
緊急地震速報、気象庁が本格運用へ パニック防止が課題 緊急地震速報を気象庁が本格運用するようである。パニック防止が課題というが、私は御役所仕事に対して、速報になるのかが非常に疑問だ。 熊本の田舎にあるわが町には、災害対策用にということで、町としては多....... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 16:53

» 「緊急地震速報」サービス [そなうれ。]
地盤観測・地表電流・FM電波・雲・動物・・・と、まぁ地震を予知しようとする試みはいろいろあるわけですが、どれも実用になっているものはありませんね。この先、どれぐ [続きを読む]

受信: 2005/12/08 20:46

« NHKのスペシャル番組「サイボーグ技術が人類を変える」を見て | トップページ | 千葉県松戸市のマンホール »