« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

電動歯ブラシ

以前より女房と娘が使っていた電動歯ブラシを私も使い始めました。

女房曰く、「電動はブラシを使い始めてから歯が白くなったようだ」と。

歯に虫歯が1本もないという事実に、それは歯の磨き方がいいからと自負しています。

だから、電動はブラシなどいらないと思っていました。

使い始めて1ヶ月したでしょうか、歯が白くなったということはわかりませんが、いままでの磨きに電動歯ブラシの上下に細かく動くブラシで歯を磨いている事は確かです。

朝起きた時に舌で歯の表面を触ってみますが、ヌルヌル感が少なくなっている事に気が付きました。

電動歯ブラシと歯との感触も良く、すでに電動歯ブラシを使う事は習慣になってしまいました。

トラックバック先:
マツモトキヨミ/電動歯ブラシ使ってますよ♪
Aoitori/主婦だって歯が命



| | コメント (1) | トラックバック (1)

新聞とウェブ新聞の違い

通常の新聞紙の他に、インターネット上にある新聞各社の記事(以下「ウェブ新聞」と言います)を見る機会が多くなってきました。

新聞紙とウェブ新聞の違いは何かを考えてみました。

新聞紙は上段・中段・下段と別れていて上にある見出しは大きく、下に行くほど見出しが小さく簡単に書いてあります。

記事の重要度を新聞会社が判断して書いています。

当然新聞紙は朝刊と夕刊の1日2回の発行になっています。

一方、ウェブ新聞は文字の大きさは全く同じです。そしてほとんどの新聞会社は記事を時系列に並べています。

記事の内容は新聞紙とほぼ同じで、記事の重要度は読者が判断するようになっています。

そして、ウェブ上に早く記事を乗せることが重要と考えられているのでしょう、ウェブ新聞の方は圧倒的に早いことがわかります。

先日、朝の通勤時の出来事ですが、新聞を読んでいる隣の男性の新聞記事が目に入りました。

見出ししか読めませんが、その見出しは昨夜ウェブ新聞で見たことを思い出しました。

情報を送る速さや情報の価値(ウェブ新聞は無料です)を考えると、新聞会社は情報だけを商売にすることが小さくなっているように感じました。

同じ新聞会社の情報提供方法が紙ベースとウェブベースの2通りが常識にになっています。

朝日新聞、日経新聞、読売新聞の3社のウェブ新聞の内容と見易さは充実しています。

たぶん、新聞紙の購読部数が減少しているのではないかと思います。

ウェブ新聞も収益を生まなくてはならない為に、ショッピングページができたり、広告が多く貼り付けられたりしています。

我が家は、新聞の記事情報のほかにスーパーやデパートのチラシがほしいために、新聞紙購読を止めることは当分ありません。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ日記の活用

ブログを始めたきっかけは数年前に購入して暖めていた近藤修司著「パソコン閃き術」でした。

最近では、表三郎著「日記の魔力」や佐藤伝著「朝日記の奇跡」で、著者が理想とする記憶(記録)・検索などパソコンが得意とする機能、逆に人間の不得意な部分(人間の記憶は非常にあいまいで、時間の経過と共に変化しきっかけがないと蘇えらせることができなくなります。)を補った日記をデータベースとしての活用を紹介しています。

そして、記録した日記を記録する以上に読み返すことが重要であると説いています。

日記を通して建設的・前向き・ポジティブ・明るい事を書き記して読み返すと「気持ちの整理や未来への展望などが開けてくる」と著者全員は言っています。

紙ベースの日記の場合、いろいろな切り口で読み返すことが空間的な制約から制限されていましたが、今はパソコンの機能を最大限活用することで容易くなったことは間違いありません。

著者らはパソコンを使う事は共通していますが、私はブログを使って著者が唱えている日記ができないものかと考えていました。

ブログは分類が容易です。カテゴリーや月別そしてキーワード検索が最大の武器ではないでしょうか。

ブログ内をキーワードで検索すると、こんな記事も関係しているのだと度々驚かされます。

ブログというデジタル記録媒体は、文章を書くだけで簡単に著者らが理想としている日記であることに気が付きました。

日記を書き、読み返すことで何か成果が出ることについて「だまされてやってみろ」とそれぞれの著者らが共通して言っています。

私は本音が書ける非公開日記をYahooブログで始めました。「だまされてやってみろ」と著者が言った事に同感し始めています。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

AMラジオ受難時代

毎朝、通勤途中でAMラジオを聴いています。

AMラジオを聴いていて、最近の電車内では雑音が多くなったなと感じています。

いくつか紹介しましょう。

常磐線のドアの上には、LEDでできた掲示板があります。

ある駅に着くと駅名が表示されて点滅するようになります。

点滅しなくても雑音は出ていますが、点滅がパルス音としてAMラジオでは聞こえてきます。

また、別のパルス音が聞こえています。

この音は携帯電話のメールを送信した時の音です。

周辺を見回すと数人が携帯電話でメールの交換をしています。

LEDも携帯電話も最近普及したものです。

AMラジオでは雑音として聞こえていますが、元を正せば電波が発生しているのです。

こんなに雑音(電波)の多い電車に毎日乗っていて人体に影響がないのでしょうか。

AMラジオは受難で、人体も受難かも知れません。

トラックバック先:
existence Uhheri Edition/雷とAMラジオ
ヤッスーの日記/ラジオに聞き入る





| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY金先物、24年8か月ぶり530ドル台

リンク: @nifty:NEWS@nifty:NY金先物、24年8か月ぶり530ドル台(読売新聞).


国内の金価格はドルベースの金価格に円ドルの外国為替価格を掛けたものになります。

現在、ドルベースの金価格が上昇中で、さらに円安になっています。

2つの要素の相乗効果で国内金価格も上昇中です。

田中貴金属の9日現在税込み小売価格が2,150円でした。

最近の国内金価格は毎日上昇しています。

経験上、外国為替が絡んだ投資商品は素人が手を出すものではないと。

為替は世界中の影響も受けやすいものであり、素人が為替の推移を捉えることは困難と思っているからです。

ドルベースの金価格が上がっても為替が円高になると国内金価格は下落に転じる事もあります。

外国為替が絡んだ投資商品は素人が手を出すものではありません。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺棄現場と通学路の不審車情報を照合…絞り込み進める

リンク: @nifty:NEWS@nifty:遺棄現場と通学路の不審車情報を照合…絞り込み進める(読売新聞).

犯人は何を目的で幼い子供を殺すのだろうか。

単に人を殺す事が目的なのだろうか、良くわかりません。

昔、近所で起こったので良く覚えていますが「吉展ちゃん事件」があり犯人の目的は身代金でした。

でも、通学途中で小学生を殺害する犯人は身代金を要求するわけでもなく人を殺す事が目的となっています。

政治的なものでもなく、社会に対するものでもなく、犯人の精神的な欲求で殺人という行為に出てしまうのでしょう。

何となくゲーム感覚で殺人が行われていると最近思います。

ゲームと言えば、テレビゲーム。

対戦と称して相手を殺すソフトが多くことか。

ある日そんなソフトを息子がプレイしていたので思わずソフトを取り上げた事がありました。

画像がリアルで、密室で一人でプレイする、好きな時間に毎日プレイできる。

頭の中には相手をどのように倒すかを考えるだけになってしまう。

倒す事が快感になってしまう。

どう見ても若い世代に良い影響を与えているとは考えられません。

殺人犯の若年化にはテレビゲームが大きく関わっていると思えてしょうがありません。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県市川市のマンホール2

ichikawamanhole2


市川市のマンホールNO.2です。

マンホールの直径は25センチ程で通常のマンホールの3分の1です。

デザインは魚と松を象っています。

魚の種類は何でしょうか、よくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1最終戦、大混戦

サッカーJ1の最終戦の日が来ました。

今シーズンから1ステージ制になり、ガンバ大阪が最終節まで1位を堅持するかと思いましたが、前節で2位に転落しました。

J1の優勝戦線に残ったのが、セレッソ大阪・ガンバ大阪・浦和レッズ・鹿島アントラーズ・ジェフ千葉の5チームです。

セレッソ大阪が勝つと優勝が決まってしまいますが、セレッソ大阪とガンバ大阪が負けた場合は3位以下が優勝する事も考えられます。

当然優勝には勝つこと、得失点が絡む大混戦になりました。

NHKはスポーツ放送初めての5元放送をするそうです。

BS1で放送が始まりました。

応援している横浜・Fマリノスは蚊帳の外ですが、これから楽しいサッカーテレビ観戦といきます。

追伸:
前半終了時点で浦和レッズが順位がトップに
15:07時点でセレッソ大阪が得点して順位がトップに
15:49時点でガンバ大阪が順位トップに
結局:セレッソ大阪は勝ち点1、ガンバ大阪勝ち点3でガンバ大阪が優勝しました。

トラックバック先:
Nomosan'sブログへようこそ/J1最終節
kabepass/J1優勝サバイバルレース



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »