« AMラジオ受難時代 | トップページ | 新聞とウェブ新聞の違い »

ブログ日記の活用

ブログを始めたきっかけは数年前に購入して暖めていた近藤修司著「パソコン閃き術」でした。

最近では、表三郎著「日記の魔力」や佐藤伝著「朝日記の奇跡」で、著者が理想とする記憶(記録)・検索などパソコンが得意とする機能、逆に人間の不得意な部分(人間の記憶は非常にあいまいで、時間の経過と共に変化しきっかけがないと蘇えらせることができなくなります。)を補った日記をデータベースとしての活用を紹介しています。

そして、記録した日記を記録する以上に読み返すことが重要であると説いています。

日記を通して建設的・前向き・ポジティブ・明るい事を書き記して読み返すと「気持ちの整理や未来への展望などが開けてくる」と著者全員は言っています。

紙ベースの日記の場合、いろいろな切り口で読み返すことが空間的な制約から制限されていましたが、今はパソコンの機能を最大限活用することで容易くなったことは間違いありません。

著者らはパソコンを使う事は共通していますが、私はブログを使って著者が唱えている日記ができないものかと考えていました。

ブログは分類が容易です。カテゴリーや月別そしてキーワード検索が最大の武器ではないでしょうか。

ブログ内をキーワードで検索すると、こんな記事も関係しているのだと度々驚かされます。

ブログというデジタル記録媒体は、文章を書くだけで簡単に著者らが理想としている日記であることに気が付きました。

日記を書き、読み返すことで何か成果が出ることについて「だまされてやってみろ」とそれぞれの著者らが共通して言っています。

私は本音が書ける非公開日記をYahooブログで始めました。「だまされてやってみろ」と著者が言った事に同感し始めています。





|

« AMラジオ受難時代 | トップページ | 新聞とウェブ新聞の違い »

コメント

師匠!また立飲み屋で講義してください。

投稿: 弟子 | 2005/12/24 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/7803458

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ日記の活用:

« AMラジオ受難時代 | トップページ | 新聞とウェブ新聞の違い »