« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

背中で歩く

姿勢を良くするとか、踵を意識するなど健康に関する本を読んでいると出てきます。
普通の動物は四つ足で歩きますが、人間だけは二足歩行になり背中より腹側を意識しているようになりました。

わが家の愛犬の成長を見ていると腹側は筋肉が着かず、背中の筋肉は成長とともに着いています。

人間も昔の姿になり背中を意識した方がいいのではないかと考えます。
歩く時も背中に集中し、手の振りも後ろに意識します。こうすることで自然に姿勢がよくなることが最近わかるようになりました。

風邪を引き始めに背中がぞくぞくすることをだれでも経験があると思いますが、結構背中は体にとって重要な部分なのかも知れません。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のウォーキング1

自宅にいた時は、平日で雨が降っていなければ松戸駅まで約20数分を歩いていました。
仙台では社宅から駅まで歩いて数分のところにあり、自宅のように歩くために近くにある七北田公園を1周するようにしています。
これにより、自宅にいた時と同じように約20数分間歩く習慣を継続することができています。

10月の転勤のために秋から冬の風景をこの七北田公園で見ることができ満足しています。
今朝、一面の落ち葉に白く霜がこびり付き、それが朝の太陽光線を浴びてキラキラと輝いていました。
こんな光景が見られるのも仙台に来たことで実現できたと思っています。

これからも体調維持のために朝のウォーキングを景色の変化を楽しみながら続けていきます。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室内温度

先週末の三連休に松戸の自宅に帰ってました。そして、昨日早朝仙台に戻ってきました。
そのまま会社に入りましたので、社宅には約4日ぶりに戻りました。

仙台では先週末にまた雪がちらついたと同僚が言っていましたので、かなり冷え込んだのではないかと想像します。
帰った社宅に置いた温度計を見たら17度でした。先週19度を一度見ましたが20度を下回ることがなかったことを考えると急激に室内温度が下がったことになります。
社宅の構造物である鉄筋コンクリートが夏の暖かさから冬の冷たさに保温状態が変化したのかも知れません。

昨日発表された気象三ヶ月予報によると、12月は西日本中心に厳寒になるとありました。
これからが本格的な冬です。
体調を崩さないように管理を徹底していきたいと思います。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省

明日22日から3連休になります。毎週土日曜日に何をしようかと考えることが多い中、3連休となるとどうしようもなくなります。

今回は考えたあげく仙台に転勤して初めて自主的に松戸に帰ることにしました。
私にとって帰省となります。
帰省、東京生まれの東京育ちにとって盆暮れに帰る報道を見て「何で混雑する交通機関を使って故郷に帰るのだろう」とその気持ちが全然わかりませんでした。

しかし、その当事者となり故郷に帰る気持ちがわかってきました。
今日一日仕事を終えると故郷や実家に帰れる嬉しさ、家族に会える喜び、安堵などいろいろな期待を持った感情が盛り上がっているのが今の私です。

生まれて初めての帰省。仙台への転勤で経験することがまた1つ増えることになります。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

98円均一

平日の勤め帰りに夕飯のおかずを買いに駅前のイトーヨーカ堂に寄って行きます。
最近は冷蔵庫の中に少なくなった物やなくなった食べ物を記憶できるようになりました。そして、これも慣れのおかげでしょうかイトーヨーカ堂の地下1階の地図も頭に入り買い物がスムーズに行くようになりました。

先日テレビで金融危機の影響から消費者の買い控えからスーパーや百貨店の売り上げが前年割れが続き、その対処のために安売り商品を揃えて消費者を呼ぶことに躍起になっていると言っていました。
イトーヨーカ堂も同じで、98円均一セールを売場で多く見るようになり、単身生活者にはありがたいことです。

コスト抑えようとしているためにどうしても98円の値札が目に入ってきます。
レジの精算ではワンコインでおつりがあります。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事習慣

今年も年1回の人間ドックを受けました。
ドックの最後に医師からのアドバイスを受けるのですが、うれしいことに昨年同様に大きな変化ないと聴かされて安堵しました。
また、医師から夕飯を取った後最低4時間をめどに就寝する。それができなければ夕飯の量を減らすように言われました。
これにより、コレステロール値が正常になると言います。

1日の食事の量を減らすことなく、夕飯の量を減らすには、朝食に少しだけシフトすればいいのではないかと考えました。
どうしても夕飯を取る時刻は午後8時を超えてしまいます。
量を減らすと言ってもご飯の量だけでおかずを減らしていません。

習慣は小さなことでも積み重ねることで体に大きな影響を及ぼすと考えています。
正しい習慣を身につけたいと単身生活を通して行っています。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭ごみ

仙台の生活で一番やっかいなものはごみです。
仙台市は指定のごみ袋に分別して曜日毎にごみを集積場に置かなければなりません。

このごみの中でさらにやっかいなのが、家庭ごみです。大半が食べ物から出る物で、時間が経つと腐って悪臭を放ってきます。
乾燥させると悪臭等が少なくなると言っていますがなかなかやっかいものです。

家庭ごみを減らすこともできず、こまめにごみを集積場に出すくらいがいいところでしょうか。

狭い社宅で悪臭など嗅ぎたくなく、苦慮している1つです。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本に囲まれ

仙台に転居するときに数ある本の内30冊くらいを持ってきました。
自宅でもそうでしたが、トイレの中やベッドの周りには本が置き自由な時間に繰り返して読んでいました。

仙台の社宅のトイレに棚があり持って来た本を並べています。
最近、少し余裕が出てきたこともあり、トイレの棚から万年床の周りに本を持って来ては好きな格好で読むようになってきました。
今朝、社宅を出る時に本を数えたら6冊が床に置いてありました。

古本屋の所在も明らかになり、仙台購入した本がかなり増えるのではないかと本に囲まれた生活が復活しました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅漬け

仙台に来てから今朝まで不思議なくらい炊事を続けています。
不思議という言葉を使うくらい炊事については奥さんに任せぎりだったからです。
私にとって未知の世界だから好奇心から炊事を今朝まで続けているのかもしれません。

この炊事で仙台移動後続けていることに気が付きました。それは、朝ないし夜に漬け物を食べていることです。
漬け物はエバラの浅漬けの素につけ込んだ簡単なものですが続いています。
素材はきゅうりが大半でしたが今週始めには大根をつけ込んでいます。
自分でつけ込んだ漬け物は実に美味しいものです。

先日、スーパーで買い物をしている時に「ぬかみその素」を見つけました。ぬかみそはもっと自然なものだなと思い、只今研究中です。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスカレーター立つ位置

昨夜、同僚と呑む機会がありました。
いろいろな話題が次から次へ出てきました。
その中で仙台に来た直後から気づいていたことが話題に上がりました。

それはエスカレーターの立つ位置です。仙台では全般的に右側に立っています。
関東ではこの逆で左側に立っています。

しかし、全国を転勤している同僚がこんなことを言い始めました。
関東では左側に立つが関東がどちらかというとマイナーな世界だ。名古屋あたりも右側を立っていると言う。

私はここではっとしました。頭の中が関東中心で考えていたために右側に立つことに違和感を感じていましたが、同僚の言うことが事実であれば全国から見れば関東が異質であることだったと。

何かを基準に物事を考えるに当たり、基準が本当に基準であるかを確認すること必要であることが呑みながら気が付きました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪完治

忘れもしません、右手の親指の爪を一瞬に剥がしてしまったのは5月6日でした。

今思い出すと、とてつもなく痛かったかと言うとそうでもありませんでした。どちらかと言うと爪が剥がれたことの驚きが大きかったようです。

剥がした爪は親指に付けたまま大きく包帯を巻いていました。
仲のいい同僚はわざと親指を何気なしに触ってくる人もいました。いまでは、いい思い出になりつつあります。

ところで今の爪の状態はあと数ミリで爪に刻み込まれた痕跡が消えるまできました。
また、爪が剥がれた直後から親指の先が赤く膨らんでいたのも解消し、左手の親指と同じ形に戻ってきました。

約半年を掛けてやって普通の爪に戻った右手でした。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾燥注意報

仙台地方の天気予報を毎朝テレビで見ていますが、必ず乾燥注意報が発令されています。
確か、10月中頃から雨の日を除く全ての日に乾燥注意報が出ているようです。

その乾燥度は、例えば室内に夜洗ったワイシャツ4枚を干すと翌朝には乾き切っています。
会社の女性に聴いても仙台の空気の乾燥は異常だと言っています。
会社の加湿器に湿度計が着いていますが、いつも50%を下回っています。

たぶん仙台着任直後の喘息のような咳はこの乾燥が起因していたのではないかと思うようになりました。

乾燥を和らげるために、寝る前に濡れたタオルをぶるさげたり、台所の桶に水を少し貯めて置いています。

肌がカサカサにならないようにニベアを着けて寝ています。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷちぷち効果

仙台の朝の気温は、東京の1〜2月と同等ではないでしょうか。

社宅は1Kの小さな部屋ですが、ベランダの窓はほぼ全面ガラスで外の温度を素通りしてしまいます。つまり、いくら部屋を温めてもガラスを通して温度を下げてしまいます。

中越地震の報道で仮設住宅に住んでいる人に対して窓に防寒用に梱包用のぷちぷちや段ボールを設置しているボランティア活動を見ました。

社宅の窓に同じようなことをすれば防寒になるのではないかと考えました。
妻が新聞の折り込み広告を見て仙台まで送ってくれました。

結果は、窓からの冷たさはあまり感じなくなり、部屋の気温を見ていますが、いまだ20度を下回ったことがありません。
また、カーテンの目張りしていることも効果を高めているかも知れません。

ぷちぷちの値段より送料の方が高いと笑っていましたが、ありがたいことだと感謝しています。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の通勤

仙台に来てからの通勤は仙台市地下鉄を使っています。
以前、東京麹町に通っていたことを考えると非常に快適です。

ドア・ツウ・ドアで約25分です。それに始発電車に乗れますので確実に座ることができます。
ドア・ツウ・ドアで1時間20分、電車内がいつも混雑し、またに鮨詰め状態なることもあった麹町までの通勤とは別世界です。

そんな中でもゆっくり朝を迎えているかというと、以前と同じ時刻に起きています。なぜか。
それは朝の炊事があるからです。

朝の通勤は楽になりましたが、単身生活のために新たな時間を使わなくてはならないことも発生していました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買った米

転勤する前に購入した5キロのお米をちょうど1カ月で食べ尽くしました。
思い出してみると、会社の接待などを除けば毎日朝と夜はご飯を主食にしていました。

お米を食べ尽くしましたために社宅のドラッグストアーで慌てて5キロ1480円のお米を購入しました。袋には複数の米が混在している表示がありました。隣りに銘柄米が置いてあり値段が高かったためにこの混在米を手にしました。

炊き終わったご飯は小さい心配が現実になってしまいました。
炊き終わったご飯に匂いがきつく、適度の水を入れて炊いているのに関わらず固めでした。
直感でちょっと古い米と思いました。しかし、これから先このお米を食べなければならずインターネットで調べて見ました。

古い米には少しみりんを入れるといいとありました。
即実践です。
成功でした。おいしくご飯が炊けていました。

次にお米を買う場合は余裕を持って購入することにしました。人生初体験をまたしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットラジオ

先日、インターネットを通していろいろな情報を取っていることを話しました。
一人で生活をしていると、テレビをつけない限り部屋の中が物静かです。音楽を聴くためのオーディオ機器などは持ち合わせていません。

そこで、インターネットを通してラジオを聴こうと検索を始めました。
そうすると、国内外で多くのインターネットラジオがあることがわかりました。
にぎやかな音楽は近所迷惑となるのでクラシック音楽をお気に入りに入れました。
いくつかある中でクラシックを24時間放送しているドイツのサイトを聴いています。
何となくドイツからなのだという雰囲気をイメージしながら聴いています。

ですから、仙台の生活に音楽は欠かせない1つになっていて物静かなことがなくなりました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製入浴剤

仙台では、関東より早く寒さが来ています。そのための対策をいくつか考えました。

寒くて眠れないことはまだないですが、体を温かくできると言えばお風呂でしょう。そして、入浴剤を入れるとお風呂から出た後もぽかぽか感が残るのがいいです。

しかし、市販の入浴剤では費用が掛かります。たまたま袋詰めのみかんを購入していることに気が付き、みかんの皮を乾燥させて入浴剤代わりにしようとしました。

また、インターネットで検索をしたらお米のとぎ汁が入浴剤にいいとありました。今、単身で毎日とぎ汁が出ているではないですか。

昨夜はこのお米のとぎ汁で湯船に浸かりました。まるでどこかの温泉に行ったような白く濁ったお湯になります。
風呂から出てもしばらくぽかぽかとしていい気持ちでした。

入浴剤になる素材はまだまだありますので、随時試してみたいと思っています。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »