« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

iPhoneのデザイン

iPhoneのデザイン
ソフトバンクショップで販売員がiPhoneが入った箱を持ってきた時
に何と小さな箱なのだろうと思いました。
その箱を自宅で見た時、シンプルでデザインを意識しているなと感じまし
た。
箱の中も分厚いマニュアルもなく、必要最小限のものしか入っていませ
ん。
他社の広告類もありませんでした。

iPhoneそのものもデザインがシンプルです。逆に言うとシンプルがデザイ
ンではないかと感じるほどです。
私はアップル社製品を買ったのは初めてです。
デザインをコンセプトの一つに入っているのでしょう。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの電池消耗

iPhoneの電池消耗
iPhoneには数多くのアプリケーションがあり、また大きな画面があるため
に電池の消耗はおおきいようです。

画面右上に電池のマークがあります。画面を30分も開けていると
マークの消耗が表示するようになり、気になり出します。

まあ、これだけ大きい画面ですから消耗も大きいのも当たり前でしょう。
マニュアルにも、画面ロックをなるべく短くするよう推奨しています。

でも、iPadを使用しても電池消耗は発生しません。
やはり、基本はiPadなのかもしれません。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneは手をきれいにさせる

iPhoneは手をきれいにさせる
iPhoneはタッチパネルからの入力が特長となっています。
このタッチパネルはかれこれ10数年前に使ったソニー製の電子手帳
で経験がありました。

当時のパネルは樹脂で出来ていたために小さなゴミで画面が傷つくし、ま
たパネルが汚れるはでたいへんな思い出があります。

このiPhoneもタッチパネルですが、パネルそのものはガラスである
ためによほどのことがないかぎり傷つくことはないでしょう。
でも、パネルの汚れはタッチする指の汚れがパネルに着きます。
だから、iPhoneを使う時は手をきれいにする必要があります。
ポテトチップを摘んだ指でiPhoneを使うことは考えられません。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneのSMS

iPhoneのメールには、2つの方法があります。
1つはメールアドレスを使用したやり方、もう1つがソフトバンク同士の
SMS。
これは、どの携帯電話にもあると思います。

ただ、このiPhoneのSMSの表示方法がチャット形式で表示さ
れます。
これは前のノキアにもなかったものです。

つまり、相手Aとのメールのやり取りが一覧で表示されます。
また、相手は灰色でこちらは薄いグリーンで表示されるので非常に見やす
く、気に行っています。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneのスピーカー

iPhoneはiPodに携帯電話がついたものと言われたり、そうではない
とも言われています。
私はアップル商品を初めて手にしたのでよくわかりません。

このiPhoneはイヤホンの他に左下に付いているスピーカーで音楽な
どを聞くことができます。
幅が3ミリほどの小さなものでしが、小さい割に結構いい音が出ま
す。

単身生活では、パソコンを通した音楽を聞いていましたが、また一つ音源
が増えて生活が楽しんでいます。

ありがとございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの辞書登録

パソコンや携帯電話などデジタルの世界で文字を早く入力するにはキー
ボードを早く打つことです。
さらに早く打つには工夫が必要です。その方法は「辞書登録」や「単語登
録」を活用することです。

ところで、このiPhoneには辞書登録と言う機能がありません。
でも、無料のアプリに辞書登録がありました。
早速、iTunesからダウンロードさせて使用しています。

辞書登録は短縮登録をすることで文字入力するためのタッチ数を減らすこ
とにもなり、必須のツールです。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone購入3日目

iPhone購入3日目です。
だいぶ入力に慣れてきました。
使っていて感じることは、入力や登録が簡単であることです。

昨日仙台駅に着くとすぐにアップルショップに行きiPhoneの操作マ
ニュアルを購入した際、販売員の女性は「くせが有って少したいへんかも
しれません」と言っていましたが、私にはそれが楽しみなのかもすれませ
ん。

話が変わりますが、iPhoneは手にマッチしますが、やはり滑り止め
るも兼ねてカバーをした方がいいです。
それに、タッチパネルが傷つく恐れがありましからフィルムを付けた方が
いいです。
私はカバーとフィルムがセットになったものを買いすぐに取り付けまし
た。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone購入

昨日告知したようにiPhone
を購入しました。

驚いたことに操作マニュアルが付いていませんでした。
前のNokiaでも簡単でしたが操作マニュアルは付いていました。

これがアメリカのやり方なのでしょうか。
確かに操作マニュアルの存在は確認しています。
買おうと以前から考えていましたからどうでもいいのですが。

逆に、楽しみが増えてワクワクしています。
機能がだいぶ違うためにじっくりと覚えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nokia 702NK

この投稿はNokia 702NKで作った文章を送信しています。
702NKはスマートフォンのはしりの一つではなかっただろうか。
以前電子手帳を使っていたものには魅力的でどちらかと言うとビジネス向けにできていて、PDAの小型版と言ったところだろう。

この702NKを使い始めて3年以上経つが電池交換(無償)しただけで一度も修理に出したこともありません。
世界の携帯電話シェアの大きいNokiaの技なのだろう。拍手を送りたい。

実は、本日ソフトバンクショップに行きiPhone
を購入しようと目論んでいます。
ですから、702NKからの投稿はたぶん今日が最後になると思われます。

702NKお疲れ様。キーボードの一部は入力頻度の高さから塗装がなくなってしまいました。
また、702NKを通して多くの発想や閃きを記録することもできました。
これはスマートフォンだからできたのだと思います。
ありがとう702NK。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ進化する

進化論にあるように、動物は単細胞から多細胞にアメーバーからアリマノカリスから魚類、両生類、は虫類、ほ乳類と進化していったと説明しています。
また、人類にしても二足歩行から始まって進化してきました。

私は、停滞せずになぜ進化続けるのかを知りたいと思っていました。
そんな中、京セラ会長稲盛和夫氏の「哲学」にこんな一節があります。
「すべてのものを発展する方向へ動かしていこうとする宇宙の意志が我々生物にも存在している」

また、ある脳科学者の本にこんな一節がありました。
「脳には外界に反応しながら変容する自発性がある(可塑性)」
最先端の脳科学者の言葉を読んでこの動きこそが進化の源だと思いました。

私は進化を自分自身に置き換えた場合、ポジティブに夢や目標に向かっていくことではないかといつしか思うようになりました。

そして、ある本には「生物界には進化か衰退かのどちらかしかなく停滞というものがない」と。

私の手帳には自ら宣言した言葉があります。「私は宇宙の中の小さな小さな一員です、当然宇宙と同じ動きをしています」

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍購入法

本は古本でない限り価格が決まっています。ですから、本屋で買うことはないのです。

私はインターネットを通して本を購入しています。
このやり方はあることが整備した以降からはじめました。
それは、送料無料になってからでした。

いまもどのサイトでも1500円以上購入した場合に送料無料を掲げています。しかし、大量の本を買うことがない私は本の代金に送料が加算されることでインターネットを通しての購入は1500円以上のみ使用しました。

ある時、ヤフーとセブンイレブンが提携してセブンイレブンで本を受領する場合は送料無料になりました。
それ以来、近くのセブンイレブンを受け取り場所として本のほとんどを購入しています。

古本でもこの方式で送料無料になればさらに本の購入は爆発的に増加するのですが、ブックオフの関係者ご検討頂けないでしょうか。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俯瞰・鳥瞰

俯瞰ないしは鳥瞰とも言っていますが、全体を見渡すことを意味しています。

俯瞰できるものは数多くあります。例えば、本には目次が必ずあります。この目次は本全体を眺めることができるようになっています。
他に地図はまさしく上空から眺めたものを紙面に書き表したものです。グーグルマップの画像マップはその典型でしょう。

言葉に「森を見て木を見る」があります。全体が見えれば一部分も見えると言うものです。
私は考えをまとめるためにこの俯瞰を利用しています。そのツールがノンリニア系のマインドマップやマンダラートです。
中心に表題を書き、その周りに枝を伸ばし関連する言葉を展開していくものです。
箇条書きに比べて言葉と言葉の関係も知るようになり非常に便利なツールです。

ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人ブランド

ブランドというと、企業のステータスなイメージです。しかし、私は個人にもブランドがあって当然と思います。

では、個人ブランドはどのようなものでしょうか。
簡単な熟語に置き換えるならば「長所」「強み」、そして「指針」です。

生まれ持った性格もその一つかも知れません。また、生まれた後に培われた「習慣」も含まれられるでしょう。
さらに、他の人と比較して「得意なもの」や「集中できる」「夢中になれる」ものも含まれるでしょう。

これらに何かに向かう方針、つまり「指針」が合わさるとものすごい力、つまり自信となって行動することができます。

あなたは自分の強みは何ですかと質問された場合答えられますか。
例えば、この春から社会人として出発する人がいて、社会人としての指針は何ですかの質問に答えられますか。

まずは強みを知ることが大事です。
個人ブランドを常に意識すると自ずと進む方向がはっきりして毎日が楽しくなります。

ありがとうございます。


<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡山市のマンホール

郡山市のマンホール
仕事で郡山に来ていて見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログがメディア

「サクッとプチ起業」という本を読んでいます。
この本を要約すると、ブログなど個人が情報を発信して自分のブランドを際だたせビジネスに発展させる入門書です。

私はブログからの発信はすでに5年以上前になります。確かに著者が言っているように、個人が世界、つまりインターネットに簡単に発信できるようになったのは歴史上初めての出来事だと思います。
ブログを立ち上げた時に何か大きな事件に遭遇して写真付きで情報を発信してみようと思いましたが未だにそんなことになったことがありません。

著者の言葉に「ブログはメディアだ」と言い切っています。そして、「自分の強みをどんどん発信すればいい」
とも言っています。

新聞に出るような情報を発信するのではなく、自分の指針や思い経験をブログに記載すればいいことに改めて気が付きました。

個人にもフリーペーパー的ブログ、新聞的メルマガ、ラジオ的ポッドキャスト、テレビ的ユーチューブというメディアがすでにあるのです。
ブログの位置付けがはっきりしたようです。

ありがとうございます。

<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (2)

手帳改造

仕事用の手帳は会社から支給された能率手帳の細長いものです。
毎年12月にもらい自分用に手帳改造をしています。

手帳は使う人の環境でその使い方はまちまちであり、既製の手帳でも不要な部分があると思います。
私の場合、ポストイットを多用しますので手帳が分厚くならないよう不要部分はすべて取り除いてしまいます。

まず月間スケジュールと手帳の後ろにある度量勘算表など週間スケジュールとメモだけを残すだけです。
これで既製の手帳より薄くなります。

今回はさらに取り除いたものがあります。それはビニールの手帳カバーに差し込むやや厚紙でできている本でいうと表紙の部分の右側を切り取ってしまいました。
切り取っても左側がしっかりしてますので使用には何ら問題はありません。

これでだいぶ手帳が薄くなりました。そして右側にはシンプルマッピング用のA7ノートをまたまた差し込むことができました。

手帳改造で自分にあった手帳ができあがったと、手帳を使うことでワクワクしている毎日です。

ありがとうございます。

<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型ノート

シンプルマッピングではA6ノートを使用を推奨しています。A6ノートは開くとA4サイズの半分の大きさになります。
学生の時に大学ノートを使っていましたがこんな小さなノートがあることを知りませんでした。

100円ショップでもこのA6ノートがありました。さらに小さいA7ノートも発見しました。
100円ショップでは売り切れになると商品を陳列しなくなる恐れがあるので仙台駅前のロフトに行って確かめてきました。
確かにロフトにもA6やA7ノートを売っていました。

手帳の中に収納できるサイズはA7ノートでしたのでシンプルマッピング用のノートはA7を使っています。

ようするに、使う人の環境に合わせればいいわけです。ただ著者の言う小型ノートにマッピングすることにメリットがあることは確かなようです。

ありがとうございます。


<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルマッピング

私は全体を俯瞰できるツール、考えをまとめるツールを求めていました。求めると言ってもつい最近の話しではなく10年単位遡ることでした。

過去、マンダラートやマインドマップなどを試してきましたが何か私の性格に合わずに途中放棄してしまいました。

最近本屋で「シンプルマッピング」の本を見つけ書き始めています。マインドマップを一時期やっていましたので書くことには抵抗なく、どうやら小さなノートに書き記すこと、そのノートを手帳に挟み込むことができるのではまってしまいました。

小さなノートを2ページ開いた状態で書くことも均等に書けることも私の性格に合ったのではないでしょうか。

主に仕事のToDoリストや付帯した事柄を書いて時間があると俯瞰しています。

ありがとうございます。


<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶に頼らず記録する

記憶というものは本当にあてになりません。
今ふと思い出したことや閃いたことを数分してしまうと消えてしまいます。これは決して年齢には関係しないことです。

人間は1日にものすごい数の考え事をしています。その一つ一つを思い出す必要はありませんが、私は必要なものは記憶に頼らず記録するようにしています。

この記録する習慣が定着し繰り返し記録したものを見ていますので自然に記憶されていくようになりました。

私の宣言の中に「メモ魔になっている」というものがあります。まだまだ未熟なメモ魔ですがかなり高いレベルにあると思います。

あなたは何に記録しますか。あなたの回りには数多くの記録媒体がありますよ。

ありがとうございます。


<参考書籍>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指針マップ

宣言を書き続けるといつの間にか目の前の内容から人生の指針になるようなものへと広がって行きました。

今年の正月に過去に書いた指針となる宣言を改めてポストイットにいつものように書き置きしていました。
しかし、指針となる宣言の中にあるキーワードを一覧にした方がより一層思いが強く伝わるのではないかとマインドマップにしました。

中央には「楽しい人生を送るために」と目的を書き、四方八方にその枝として10のキーワードは配置しました。

これは見やすい、わかりやすい。俯瞰すると全体が見渡せて見る度に意識を持てるようになっています。

ありがとうございます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏像の眼

瞑想に興味を持ったのは、20歳代だったでしょうか。
瞑想は自分を落ち着かせることができる、意識を自分に戻すことができます。

瞑想というと私は仏像思い出します。そして、仏像の眼に注目しています。仏像の眼はどうなっているかご存知ですか。
大半の仏像は眼を少し開けています。この眼を開けながら瞑想している。これが瞑想の型ではないかと、瞑想する時に眼を開けながら行うようになりました。目線は1m〜2m先を、極端に言うと自分の鼻を見ている感じです。さらに、焦点を合わせていません。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来期待感

宣言は今できていないことをできている言葉で表現します。本はこれを繰り返しなさいと言っています。

私は繰り返しの他に、宣言の内容ができている次の状態を期待感と同時に意識しています。
そうすると感情がワクワクしてきます。

今できていないことに対してワクワクしていることこそが未来志向そのものではないでしょうか。

この習慣が体に合っているようで、瞑想を兼ねて行うとすぐに頭がムズムズしてきます。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »