« Evernoteの使用方法 | トップページ | EvernoteのiPhoneアプリ、ノートの並び替え »

Evernoteの利点

収集した情報をエクセルに保存してみたり、ブログを非公開型にして保存しましたが、結果的に手間がかかったりして、個人的な情報の保存先として不向きとわかり、頓挫してしまいました。

でも、Evernoteの良さは、iPhoneとのマッチングがいいこと、ノートがアナログのカードのように移動できること、決して検索機能は充実しているとは思いませんが、まだ使えるかなということで、情報保存後の使い方がいいことで、使い続けています。

Evernoteには、情報を保存するノートがあり、ノートをテーマ別に格納するノートブックがあります。

また、タグも用意されて、カテゴリー別に情報を仕分けすることもできます。

ノートは必ずノートブックに一ヶ所のみ保存しなくてはなりません。私の場合、かなりラフにノートブックを作り、ノートブックの名前の前に番号がついているので、ノートブックの表示が番号順となり、見やすくなっています。

タグは1つのノートに着けなくてもいいし、複数着けてもよく、ノートを細かく分類するのであればタグを使った方がより細かな分類が可能です。

ノートブックにしろ、タグにしろ設定の変更は可能ですので、初心者はEvernoteを使いながら徐々に増やしていけばいいのでないでしょうか。私の意見として、ノートブックは少なめ、タグは多めがいいのではと思っています。この辺は使っていくほどに変化していきますので。

Evernoteの良さはPCであれ、スマートフォンであれ、インターネットの環境があれば情報を保存したり、閲覧できることです。

私の場合、PCとiPhoneを使用していますが、特に気に入っているのがiPhoneとの相性がいいので、紹介しましょう。

iPhoneには、Evernote純正アプリがあります。無料です。また、Evernoteの一部機能に特化したアプリが多数用意されているので試してみるのといいと思います。

ノートにはテキストと画像の貼り付けがメインですが、iPhoneの場合、手元で簡単に操作できるので、情報を保存する手間は、過去試行錯誤したものの中で一番楽です。特に新聞社の記事をSafariの「リーダー」で表示した状態をコピー&ペーストすると、フォントサイズが統一されるなど、手間いらずで見やすい状態で保存されますのでおすすめです。

また、EvernoteのiPhone純正アプリがバージョンアップされて非常に見やすくなりました。ノートブック単位で見る画面とタグ単位で見る画面とに別れ、見やすさが改善されています。

iPhone純正アプリを見続けると、PC版が複雑過ぎるように感じてきます。それだけ、iPhone純正アプリの方が見やすいのかもしれません。

Evernoteを使用始めて1年半ですが、ノート数が8,100を超えています。この数の大半はiPhoneで作られたノートです。

アナログのノートで情報を収集する手間とは比べものにならないほど楽です。三日坊主の私がいうのですから、楽なのでしょう。

|

« Evernoteの使用方法 | トップページ | EvernoteのiPhoneアプリ、ノートの並び替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56464371

この記事へのトラックバック一覧です: Evernoteの利点:

« Evernoteの使用方法 | トップページ | EvernoteのiPhoneアプリ、ノートの並び替え »