« 電子書籍端末「Reader PRS-T2」 | トップページ | ウォーキングに必須なアプリ「JogNote」 »

Evernoteは「自分で作る百科事典」

Evernoteの使い方で一番多いノートは好きな情報の保存でしょう。

新聞の切り抜きを続ける労力は大きいものです。時間もかなり必要で、三日坊主で挫折をしてしまいました。

しかし、Evernoteの存在と、新聞記事などの電子化によって、コピー&ペーストで好きな新聞記事を短時間に収集、保存することができるようになりました。これは私にとって革命です。

あるTwitterアプリでは像のマークをタップしただけで、Evernoteに情報が保存されます。ですから、Twitterを見てて気に入ったツイートがあれば即タップです。

そうです、私の場合、パソコンでもEvernoteを見ますが、情報収集のツールは手元で操作できるiPhoneで行っています。話しは違いますが、iPhoneが手放せない理由になっています。

要するに、電子化されたテキスト、画像、音声などのすべてが一箇所に収めることができることです。これは「自分で作る百科事典」と言っていいのではないでしょうか。

もちろん、Evernoteに関する情報も日々収集してはEvernoteに保存しています。

また、日記的なものも書き込んで保存されています。過去の大まかな行動がわかるようになっています。

My Statsというアプリでは、時系列にEvernoteのノート数がグラフ化されています。横ばいの時期はなく、着実に右肩上がりでノート数が増えていることがわかります。

「情報の質を高めるには量を求めること」

この言葉通りだなとEvernoteのノートを見ていると思いますね。

|

« 電子書籍端末「Reader PRS-T2」 | トップページ | ウォーキングに必須なアプリ「JogNote」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56574770

この記事へのトラックバック一覧です: Evernoteは「自分で作る百科事典」:

« 電子書籍端末「Reader PRS-T2」 | トップページ | ウォーキングに必須なアプリ「JogNote」 »