« ながらウォーキング | トップページ | 体重減らずに痩せる不思議 »

野菜が早く無くなる食卓

我が家の食卓に変化が起こっています。それは生にしろ加工したものにしろ、野菜が多く出るようになったことです。

多分、普通の家庭の倍以上の量は出ていると思います。

ちなみに、厚生労働省では1日当たり350gの野菜を食べることを推奨しています。昨年4月、仙台で開催された「第4回元気!健康!フェアin東北」を訪れた時に知った野菜の摂取量です。私はそれ以来積極的に野菜を食べるようになったために、家族にも波及していきました。

しかし、変化は野菜の量だけではありません。食事で最初に口に入れるものがおかずでも、ご飯でもなく、何と野菜を食べるようなったのです。確か、「NHKのためしてガッテン」が1つのきっかけだったと思います。

野菜を最初に食べると、血糖値が急激に上がらないことや野菜の量がご飯の量を減らすことにつながるなど、色々な効用があります。

こんなことで我が家の食卓は野菜が最初に食べられ、無くなっていきます。食事の順番を変えるだけで健康に結びつくならこんなに簡単なことはありません。

以前だったら、野菜を食事の最後に満腹感を抱えた状態の中で、結果的に少量しか食べなかったのです。
体に良い野菜を食べ方をお伝えしました。

|

« ながらウォーキング | トップページ | 体重減らずに痩せる不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56752775

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜が早く無くなる食卓:

« ながらウォーキング | トップページ | 体重減らずに痩せる不思議 »