« 歯は磨き方しだい | トップページ | 東日本大震災のテレビ宣伝がぽぽぽぽーだけでした。 »

大震災後の秋刀魚の開きが美味しかった

大震災後の秋刀魚の開きが美味しかった
東日本大震災が発生して、来月で3年が経過します。大震災で津波にあったわけではないですが、震度7を体験した者として、まだ3年なのか、もう3年なのか表現に困ってしまいます。

iPhoneの写真フォルダには大震災直後から撮影した画像が保存されています。昨日久しぶりに開いて見てみると、1枚1枚の記憶が鮮明に蘇ってきます。

3年前の仙台は寒く、食糧を確保するために長蛇の列に長時間並んでいました。当時、ソフトバンクのiPhoneは緊急地震速報に対応なく、列に並んでいる間に何度も他の人のドコモやauの携帯電話の緊急地震速報が余震のたびに鳴って、落下物がないか上を眺めたものです。

ところで、見ていた写真の中で美味しそうな、焼きたての秋刀魚の開きが撮ってありました。一夜干しの秋刀魚の開き2枚。

これは大震災後、初めて食べた魚だったのです。ろくな食事ができなかった中のご馳走だったのです。美味しかった!

人間、贅沢を求める必要はないものの、普通に食事ができれば満足することを体感した出来事でした。

|

« 歯は磨き方しだい | トップページ | 東日本大震災のテレビ宣伝がぽぽぽぽーだけでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56807138

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災後の秋刀魚の開きが美味しかった:

« 歯は磨き方しだい | トップページ | 東日本大震災のテレビ宣伝がぽぽぽぽーだけでした。 »