« iPhoneの電池消耗対策 | トップページ | 電気自動車、急速充電器普及の動きをまとめました »

花粉の飛散量最悪!

今、東京メトロ千代田線に乗車しています。どんな広告があるか、周りを眺めていたら、花粉症対策用の薬の広告が2つもありました。広告の1つには「花粉と戦え!」とまで表現しています。

我が家の家族の中には、まだまだ寒さが続いているにもかかわらず、花粉症と思われる症状がで始めたと言っていました。

Evernoteで花粉症をキーワードで検索したら今年の予測記事がヒットしました。花粉症に毎年悩まされていますので、記事を保存してたのでしょう。

1つは昨年の12月の記事で、「例年と比べた飛散総量は、関東から東海にかけて1.5倍を超える地域がある。増加率が高いのは、福井市(2.10倍)、さいたま市(1.74倍)、名古屋市(1.65倍)、東京都千代田区(1.64倍)となっている。」
「飛散量が少なかった今年春との比較では、東北南部から関東、東海で増加が目立ち、2〜6倍になる地域が多いとしている。」

2つ目は1月の記事で「環境省は25日、今年のスギとヒノキの花粉の飛散量は、地域により3月上旬〜4月中旬にピークになるとした最新の予測を発表した。全国的にピーク期間が長くなる。」
(出典:日本経済新聞)

どちらにしても、今年の飛散量が多く、さらにピークが長いと最悪の年になりそうです。

私も花粉症になりますが、今のところ症状は出ていません。やだなぁ、あの目頭のかゆみ、そして、鼻水。

目頭を触っていけませんよ。ティッシュは箱単位で持ちましょう。花粉症対策を万全に、今から準備しましょう。

|

« iPhoneの電池消耗対策 | トップページ | 電気自動車、急速充電器普及の動きをまとめました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56674526

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉の飛散量最悪!:

« iPhoneの電池消耗対策 | トップページ | 電気自動車、急速充電器普及の動きをまとめました »