« iPhone写真で小花を撮影する | トップページ | 大津波の爪痕をこの目で見た③ »

大津波の爪痕をこの目で見た②

大津波の爪痕をこの目で見た②
津波の被災地の報道を繰り返し放送されていましたが、津波にあった現場に行ってほとんど報道されていないことがありました。

それは、埃と臭いです。埃は津波が海から持って来た砂が溜まり、風が吹くと舞い上がっていました。私はコンタクトレンズを使用していましたので、埃が目に入り社宅に戻った時には目の痛さでたいへんでした。

それから、臭いですが、津波は海水です。まだ、4月早々でしたので、それほど感じませんでしたが、気温が上がるとともに臭いが発生することは、誰でもわかることと思います。

仙台港からさらに北上して、多賀城市に入りました。住宅街に入ると、電信柱が曲がり、津波によって流された自動車ががれきの上にありました。その高さは住宅の2階辺りです。

という事は、津波はそれ以上の高さがあったということです。また、津波の破壊力に驚かされた一瞬でした。

|

« iPhone写真で小花を撮影する | トップページ | 大津波の爪痕をこの目で見た③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34807/56828087

この記事へのトラックバック一覧です: 大津波の爪痕をこの目で見た②:

« iPhone写真で小花を撮影する | トップページ | 大津波の爪痕をこの目で見た③ »