3ヶ月を宇宙規模で表現する

今日からある行動を習慣にしたい場合、「3ヶ月続ければ実現する」という言葉がいろいろな本を読んでいると、共通して出てきます。

3ヶ月とは約90日です。90日を4倍すると360日。つまり、約1年ということです。何が言いたいかというと、3ヶ月は地球が太陽を4分の1公転したことになります。

3ヶ月間の行動を意識付けするために、その刻みを言葉にしたのが「二至二分」です。

二至とは夏至と冬至を指し、二分は春分と秋分を指します。春分 夏至 秋分 冬至と3ヶ月おきの暦上の表現なのです。まさに宇宙規模で3ヶ月を考えるとダイナミックになります。

1ヶ月単位のカレンダーを3回めくるのもいいですが、宇宙規模の「二至二分」を意識することで、あっという間に3ヶ月が経過してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お書きはづし

お書きはづし
初詣の成田山新勝寺のお札申し込み場で見た言葉です。
柔らかい言葉にシャッターを切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナリタ買い!


by iPhone

成田空港内にあった広告です。
アルファベットAを滑走路に見たてたところが気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑念

雑念
朝のウォーキングは七北田公園を約1時間掛けて歩いています。

1周2周は楽しくウォーキングを続けることができます。
しかし、3周辺りから頭の中で雑念が出てきてネガティブな考えが
浮かんできます。

こんな時の対処法は、いっしょに持ち歩いているこのiPhoneを見る
ことです。

iPhoneには数多くのポジティブな言葉やある本の気になる文章が保存され
ています。
そんなポジティブな言葉や文章を歩きながら読んでいると、言葉や文章に
気を取られて雑念が全く発生しません。
これはほんとうに不思議なくらいです。

雑念が出てきたらポジティブな言葉や文章を読むようにすることは習慣に
しようと考えています。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

俯瞰できるもの

俯瞰できるもの
普段何気なく使っているものにも俯瞰しているものが数多くあります。

カレンダーやカレンダーが付いている手帳がそうです。一日、週間、月間
を一目で見ることができます。

本も俯瞰することができます。目次がそうです。著者の言いたいことを
キーワードで順番に並べたものが目次で本の全体を見ることができます。
私は本のまえがきやおわりにも俯瞰できると考えています。

新聞を広げるとやはり俯瞰できます。活字の大きいものだけを最初読んで
いませんか。

最後に地図。これこそ俯瞰のために生まれたものではないでしょうか。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俯瞰

俯瞰
私は社会科や理科が好きな子供でした。
全体を見回すこと、流れがわかるようになるとすーと頭に入って来ていま
した。

よく全体を見ることを俯瞰とか鳥瞰とかいいますが、今でも子供の時の癖
があって紙の上に全体を書き記す方法を使っています。
その方法とは、マインドマップやマンダラートです。

紙に全体を書き記したものは文章ではありません。全体を見回すことがで
きる図、一種のイメージの世界にあるのではないかと最近考えるようにな
りました。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

言葉とイメージ

言葉とイメージ
あなたは何かを思い出したり、閃いた時その瞬間というものを思い浮かべ
て見て下さい。
私の場合、言葉が出てくるというよりも映像、場面が出てくる感じです。

自宅に入る想像して見てください。
玄関ドアの開閉の音も靴が脱ぐ音も想像して見てください。
どうですか、脳裏に画像みたいなものが出て来ませんか。

言葉を繰り返し読むとその言葉がイメージできるようになっていく気がし
ます。
それがさらに、無意識の中にも入っていくようになる。
だから、だいぶ前に考えていたことが突然閃きとして現れます。
こんな気がします。

だから、言葉とイメージは密接に関係があることがわかります。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉の魔力

言葉の魔力
ある本にこんな言葉があり手帳やiPhoneに書き込んでいます。

「口を出入りするものすべて元気の源」

口を出入りとはどんなものがあるのでしょうか。
そして、そのものが元気の源になると言います。

口に入るものは、食べ物ではないかと思います。
口から出るものは、言葉ではないかと思います。

食べ物はだれでもが認めると思います。
それでは、言葉はどうでしょうか。
私の体験、いや今現在も継続して言葉の恩恵を受けて心身ともに元気に
なっています。

感動した言葉、未来に向けた言葉、指針となる言葉などを貯めて繰り返し
読むと言葉の魔力に取り付かれてしまいます。
これは本当に不思議なことです。

あなたもだまされたと思ってやってみてください。
きっとある時に、言葉の魔力に気づくはずです。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉

言葉
いい言葉をたくさん暇さえあれば見る、読めるような仕組みを手帳や
iPhoneに作っています。

手帳には、ポストイットに言葉を書いて貼りつけています。ポストイット
が一枚のカードになりカード毎に世界が違うことを示しています。
ですから非常に読みやすくなっています。
さらにポストイットの色による区分けはしていませんがカードのイメージ
ができているのではないでしょうか。

一方、iPhoneには多くのアプリケーションがあり、多くの言葉を書
き込むことができます。
カレンダーには毎日違う言葉を登録しています。そして、ア ラー
ムがなるようにしています。カレンダーの機能には繰り返しがあり、毎月
を選んで月一回同じ言葉を読めるようにしています。
すでに一日から末日までの登録を終えました。別の時刻に登録が始まりま
した。

このように毎日自由に、または半強制的に言葉に接触するようになってい
ます。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手書き

手書き
学生の時、教科書のある部分を覚える方法は何だったか覚えていますか。
私もあなたもたぶん同じやり方をしていたはずです。
それはノートに声を出しながら何度も何度も書いていました。
九九を覚えるにも繰り返し読み書いていました。
思い出しましたか。

手書きすること、つまり手を使うことは脳をどの体の部位よりも活性化さ
せているのです。

いくら多くのキーボードを叩いても脳は活性されません。
ここにも、手帳を使う意味があることがわかります。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧