実践!日常ながら運動ダイエットを読んで

題名実践!日常ながら運動ダイエット。サブタイトルが50歳からの身体論。また帯には男のダイエットと記述されていたので、まさしく今の私にマッチした本としてすぐに買って読んでしまった。

私も日頃何かにつけて「ながら」を実践している人間なので、「日常ながら」の言葉に共感を覚える。

序章には52歳になった著者が「若く見えるね」と言われることが楽しみと書いてある。

私も50歳台になり、若く見えるねと言われて楽しく思った事はないが、この先そういうことになるのかなと思った。

著者は、特別な時間を作るのではなく空いた時間を使って無理なくいつもストレッチをしようと呼びかけている。

自ら著者がモデルになって、昼間のサラリーマン男性の通勤や仕事場を設定したストレッチを紹介している。

こんなストレッチだから私でもできると確信した。

それから、著者が強烈な出会いとなった貝原益軒の養生訓という本の紹介があった。

人生楽しく過ごすこと。健康維持も楽しくするなど、養生訓に対する著者の記述を読む限り私の考え方に共通するものがあり、次回の本の購入の1つとしたい。

最後に、大半をストレッチのことにページを割いているが、著者はあえてダイエットのための食事量を減らす事は推奨していないが、やはり過食しないことも大事であることを加えている。

私も、日常ながら運動ダイエットをまず習慣化する。

実践!日常ながら運動ダイエット―50歳からの身体論
長野 茂

おすすめ平均 
すばらしい!!!
納得!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日常ながら運動ダイエット―時間も場所もお金もいらない
長野 茂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓―全現代語訳
貝原 益軒

講談社
1982-10
売り上げランキング 68,524
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓に学ぶ
立川 昭二

PHP研究所
2000-12
売り上げランキング 85,819
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
養生訓・和俗童子訓
貝原 益軒


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枕革命 ひと晩で体が変わるを読んで

肩こりの原因が腕の筋力が落ちた事だと先日書いた。

本屋でこの本が目に写り、いつものようにまえがきと目次を読んで本の内容を確認した。

肩こりのことも書いてあったので早速買って読んでみた。

最初に驚いたのは枕産業が1000億円もあると言う。

我が家では枕など一度買ったらそれっきりだが、世間では、不眠で困っている人が枕をとっかえひっかえしているようだ。この本では、「枕放浪者」と呼んでいる。

そう言えば、人間は人生の約3分の1を使って寝ている。そして、この長い時間、何気なしに枕が使用されている。

枕との相性が悪ければ、自然に体調が悪くなると言っている著者に同感だ。

また、著者は熟睡のポイントが「寝返り」だと言う。寝返りを邪魔する枕は枕ではないと言う。これは初めて教えられた。

私の肩こりが枕から来ているかどうか分からないが、著者は肩こりも多かれ少なかれ枕が関与していると言う。

一通り読み終わり時点で、本に書いてあったことを参考に自分の枕を調節して寝ている。

枕も上手く調整できたのか分からないが腕の運動もちょうど始めたころでもあり、朝の目覚めは良く、以前のような昼ごろからの肩こりとその影響からだと思われる目の奥のだるさがなくなっている。

まだ、結論を出すのは早いかもしれないが、何となく良い方向に行っている感じだ。

もう少し様子を見て結果が良ければ、私以上に肩こりが酷い娘に教えてあげたい。

枕革命 ひと晩で体が変わる―頭痛・肩こり・腰痛・うつが治る
山田 朱織


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Googleの謎を読んで

検索エンジンGoogleを詳しく記述した本である。

ホームページの管理者として、アクセス数を増やしたい気持ちは誰でも持っていると思う。

アクセス数に影響している大きなポイントが、検索エンジンにキーワードを入力して検索結果がいかに上位にあることで決まるようだ。

Googleの場合、コンピューターにあるロジックでインターネット上の情報を見ているようだ。キーワードの位置、リンク関係など多くのロジックがある。

そして、このロジックはどうやら各検索エンジン会社の極秘のようで、また頻繁に変化しているようだ。

しかし、最大のロジックは”リンク数”と感じた。

だからトラックバックやサイト内リンク、コメントなど、ウェブログが検索結果の上位に位置しやすいことがわかった。

そして、ウェブログでもコンテンツの内容をよくして多くの”固定客”を作っていくことが大事であるようだ。

Web検索エンジンGoogleの謎 アフィリエイト編
水野 貴明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの一定量の法則

哺乳類の生涯心拍数は一定だそうです。

また、生涯カロリー摂取量も一定であることがわかってきたようです。

この2つの関係からどのようなことがわかるのでしょうか?

電子書籍・書籍コーナー

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学
本川 達雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる」を読んで

英語を何度も繰り返して学習したが、落ちこぼれの連続の私。

相手の言っていることがわからなければ会話にならないだろうという観点から、改めてAFNをラジオで聞くようにするなどリスニングを心がけている。

しかし、英語の基礎というか根本というか、原理原則がわからないと学習効果が高くならないと感じ始めた。

「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」を読んだ時、品詞や文法用語を使わず記号で5文型を表し、非常に簡単に判りやすく書いてあるなと思った。しかし、英語を始めたばかりの人ないし、専門用語に頼らず学習したい人は取っ掛かりの学習本としてよいと思った。しかし、私の場合うまく頭に入っていかなかった。でも英語の物語を読む面白さを教えてくれたことは効果があった本だった。

「「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる」を最初書店で立ち読みした時、著者の学習に対する思いが強く記述されていたので買うべきかを悩んだが、購入してよかった。

文章の書き方が系統だって書かれ、5文型をポイントを置いて説明されているので私の頭でもすっと入っていった。その説明は「ビッグ・ファット・キャット」と違い英文法の簡単な専門用語を使用している。

英語はこんなに簡単な構造でできているんだということで学習意欲を駆り立てている。

昔、中学時代に5文型を学習したが、ほとんど内容についての記憶はなく、また過去読んだ英語本でここまで5文型を端的に説明した本は見たことがない。そして今、私は「英文が本当に簡単な構造なのか」とめったに開かなかった昔購入した英語の本を読みたくなる衝動に駆られている。

私にとってこの本は影響力を与える1冊になるような気がする。

「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる
芦永 奈雄
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
向山 淳子, 向山 貴彦, studio ET CETRA, たかしまてつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK「老化に挑む」を見て

昨夜、何気なしにNHK総合テレビにチャンネルを合わせたら、NHKスペシャル「老化に挑む」第一回をやっていた。

超長寿者の脳のMRIの画像を見せながら、彼らの生活習慣や考え方がどのように脳に影響するのかを紹介する番組であった。

私も半世紀を生き、健康・心とかを自然に意識するようになっている時にこの番組を見て、感動を覚えた。

特に、番組の中で使った言葉に「高齢になっても、脳は筋肉と同じだ」と!

要は、脳は鍛えることもできるし、衰えてしまった脳も鍛え直すことで活性化することができるということだった。

脳を鍛える方法として、多分そうだろうと確定的な言葉を使用していなかったが、運動すること、それも激しい運動ではなくウォーキング程度いいと!それを習慣化すること!

私は、「脳内革命」等を読んだ1年以上前から、体の筋肉をつけないといけないと考え、腕立て伏せ・腹筋運動・ウォーキングを意識しながらなるべく毎日するようにしている。つまり、首から下の部分を大きく3つ分けて鍛えている。でも、最近体にはもう一つ鍛える必要のある思っていた部分があった。それは首から上の「脳」であった。

体が丈夫でも、ぼけてしまっては何もならない。

この番組は改めて「脳」について教えてくれそうだ。昨日の第一回に続き、今夜21時から第二回が放送される。

中年以上の方々、長生きをしたければ必見ですぞ!

トラックバック先です。

脳内革命 (2)
春山 茂雄

| | コメント (2) | トラックバック (2)

読書の効用

私は、雑誌・まんが・文学書はほとんど読まない。サイトバーにあるように実務書等がほとんどで、それも初版本である。

自分の経験できないことや考えられないことを著者が本として著して、私にいろいろなことを教えてくれる。

決して多いと思わないが、50年の人生で本を読んでいるが、その本の内容は歳によって違っているように感じる。

下に紹介した本は、比較的最近読んで自分の考え方や行動方法に刺激を与えてくれた本達だ。その中で最近は哲学っぽいものが増えつつある。歳のせいだろうか?

読書が波及して、多くの本を早く読む方法や本を読んでいかに著者が言っていることを理解するか、いわゆる読書法のたぐいの本も多く読んだ。

また、読書とは関係ないがワープロ文書の書き方まで発展した。

まともな文書を書くことはできないが、ウェブログに出会ってここまで記事を投稿できるのもさまざまな読書が基点になっているのかもしれない。

最近は、頭がボケない方法に脳に刺激与えるとして、本を読むこともいいことではないかと考えている。

とにかく、好きな本を読んで刺激を受けて、より多くの未経験を経験することを継続する。

明るく楽しく元気よくだ!


パソコン閃き術―「外脳」革新で企画を生み出す
近藤 修司

「聞く技術」が人を動かす―ビジネス・人間関係を制す最終兵器
伊東 明
稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか
稲盛 和夫
自助論―人生を最高に生きぬく知恵
竹内 均

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モブログって!

ココログを開設したと同時にモブログも設定した。

携帯電話から写真付き文書をココログ指定のメールアドレスへ送信すると自分のココログホームページに掲示することができる。

すでに私も何回かモブログによって掲示されたページがある。

海外のウェブログでは、例えば衛星通信用の携帯電話からイラクの現地情報を公開している「Back to Iraq」がある。

現地から個人が感じた1次情報。それは小さな発信者かもしれないが、携帯電話が使用できるところなら誰でも、瞬時に、インターネット上のウェブログに公開できるのだ。

個人が今までにやってことがない情報発信法ができあがった。これは、画期的!!

最近は、外に出ると何かめずらしいことがないかと、携帯電話を握ってきょろきょろしている自分に笑っている。

1日5分の口コミプロモーションブログ
長野 弘子 , 増田 真樹


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装開店!

昨日勤めの帰り、本屋に立ち寄り「ココログでつくるかんたんホームページ」を購入。

興味津々に読み漁り、本日こんな時刻になったが新装開店となった。

未だに「トラックバック」がよく飲み込めない自分に、年のせいにしてしまっているとか?

どちらにしても、文字だけのKAZHOMESkunから花もあり時計もありで芽生えよくなりました。

カウンターも設置したところ、数値が何かの間違えではないかと、多さに半分喜んでいる自分です。

ココログでつくるかんたんホームページ
ケイズプロダクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語の語彙をいかに増やすか!?

英語のリスニングについて、先日掲載しました。リスニングのコツはわかりましたが、やはり、語彙の少ない事が楽しいリスニングのネックになっています。


これは、リスニングにおいて越えなくてならないことだと思っています。


ある本では、闇雲に単語を覚えても単語の発音を正確に覚えないとリスニングに支障を起こすと書いてありました。
リスニングを中心にして英語を改めて学び始めた私として、上記の事は納得するものです。


正確な発音と意味を同時に記憶する方法をうたい文句にしたCD付きの本がありましたので、今週から通勤途中で聞き始めています。こつこつと焦らず継続していきたいと思っています。


今もパソコンを通して「VOA NEWS」を聞きながらの入力をしています。「覚えるより慣れろ!」最近は1日平均2-3時間の英語を聞きつづけています。

英単語が面白いほど記憶できる法 日常会話編
池田 和弘

| | コメント (0) | トラックバック (0)